関空クラブカード

地方在住者の視点で記載しています。関空をメインに利用する場合は、地方在住者でもこのカードは、持っていて損は無いと思います。


KANKU CLUB カードを持つ3つのメリット

KANKU CLUB CARD
年会費無料ですが、クレジット・PiTaPaをそれぞれ、1回/年で使用する条件があります。この条件を満たさない場合は、一般的な(VISA)平カード同様の年会費(¥1,312-)とPiTaPa維持手数料(¥1,050-)が発生しますのでご注意ください。
普段使いのカードではないので、関空でのみ利用しています。パスポートとともに保管していればうっかり忘れることは無いでしょう。
オフィシャルサイトでは、数々の特典や優待を記載していますが、とりあえず以下に着目してみます。

関空ラウンジ(Relaxation Lounge)が半額

地方空港から関空を利用する場合は、乗継が悪い場合があります。特にフィリピンからの到着便(PAL:フィリピン航空/TG:タイ航空/5J:セブパシ)の場合は、19:00を過ぎてしまい当日中に、関空から地元空港に飛び立つことができません。

富裕層の貴方はホテル日航関西空港(*1)(*2)あたりに宿泊し、馴染みのマッサージ師でも呼んで、ゆっくりと旅の疲れを揉みほぐし、翌日の午前便で帰路に向かでしょう。しかし、私のような一般庶民はRelaxation Loungeで寝苦しく一晩明かすしかありません。

リラクゼーションラウンジと言っても、ネットカフェそのものです。シングルブース(個室)にはハイスペックPC席・リクライニングシート席・リゾートリラックスチェア席・マッサージ席など数種類ありますが、マットだけのフラット部屋が仮眠するにはいいと思います。毛布も無料で利用できます。9時間パックでは、¥1,900-で一夜を過ごせます。ソフトドリンク無料です。プラス¥300-で、シャワーが利用できますので、職場へ直行する場合は利用する価値は有りと思います。

関空の場合、フリーWIFIが拾えますので、持ち込みノートPCでも利用してください。また、備え付けのPCでは、VOD(ビデオオンデマンド)で、映画を見ることもできます。

(*1):関空クラブカードを提示すると、宿泊料金が20%OFFになりますが富裕層の方には無駄な知識かも知れません。(ホテル内の飲食も10%OFFです。これまた無駄な知識ですみません。)

(*2):(洲本パールライン)フェリーが強風で欠航してしまい、一度、素泊まりしたことがありますが、ツィンの部屋しか空いておらず、国際線の片道分位を支払ったことがあります。この時はこのラウンジの存在すら知りませんでした。

  • KANKU CLUBカード会員のみのラウンジ → CLUB LOUNGE 7:00~22:00
  • 空港を利用する全てのお客様用ラウンジ → KANKU LOUNGE (24H open) (追記) 2015/06 リンク切れ

ANAやJAlのマイルへの交換

ぶっちゃけ、微々たるものですが、陸マイラーなら見逃しません。一回のフライトで1ポイント貯まります。よって、地方空港から関空を利用して国際線とともに往復で利用した場合は、4フライトポイントを獲得することになります。4フライトポイントは、ANAマイレージやJALマイレージの100マイルに交換できます。

国内線の場合は到着や出発時にそれぞれ1ポイントを、そして国際線の場合は出発時に2ポイントを、専用端末を利用してフライトポイントを加算します。※『何処に行くか?』とか『目的は?』とかの簡単なアンケートに答えると、確かもう1ポイント加算されます。
※もちろん、貴方の本当の目的が「凹買旅行」であっても観光と答えておきます。

フライトポイントの加算忘れは、関空クラブカード机に出向き搭乗券の半券とともに提示すれば事後加算してくれます。

加盟店での飲食割引

国際線の免税店での5%割引や、空港内の飲食や物販店で、5%~10%(20%)程度の割引があります。殆どの飲食店は、10%割引です。

セブパシフィックの場合は機内食がありませんし、フィリピンエアーのマイル積算対象外のプロモチケットも機内食を出さないようですので、往路、復路で(空港で)食事をする場合もあると思います。

一人ならまだしも、家族連れやグループでの利用の場合は、10%OFFは結構あなどれません。

割引施設やサービスは、ここで検索できます。

KANKU CLUB カード オフィシャルサイト

関空クラブカードオフィシャルサイト

関空クラブカード(KANKU CLUB カード)のオフィシャルサイトです。隅々まで眺めると、貴方にとってもっと有効な活用方法があるかもしれません。(関空駐車場の割引やペットホテル割引及び、Minapitaポイント2倍[高島屋、なんばパークス、なんばCITYを良く利用する] ・・・etc)

最近では、オンライン申込みが可能になりました。

←オフィシャルサイトにジャンプします。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA