アンヘレス(フィールズ界隈HOTEL)~クラーク国際空港

このログはどうでもいいログなのですが、マップ下の「セブパシさんの恐怖・・・」を、旅の記念に残したかったので、掲載しておきます。※クラーク国際空港付近の2つのピンには、写真も挿入しています。


【クラーク国際空港じゃないの?】
ウィキ(Wikipedia)さんによると、ディオスダド・マカパガル国際空港(Diosdado Macapagal International Airport, DMIA) となってますが、ここでは、旧称のクラーク国際空港として表記します。

出国に際し、クラーク国際空港では、下記の料金が発生しました。
 ・セキュリティフィー(Security Fee) : 100php
 ・ターミナルフィー(Terminal Fee) : 500php

項 目内  容
記録した人tani-p
記録した日2009年05月02日(土)
開始地点フィールズ界隈の某HOTEL
終点地点クラーク国際空港(ディオスダド・マカパガル国際空港)
移動手段フィールズ周辺の某HOTELのホテルタクシー
移動時間地図上の行程は11分程(実際には20分弱)
料金300php+チップ
補足説明友人の宿泊HOTELでホテルタクシーを頼み、私の宿泊HOTELを経由して、クラーク国際空港に向かいました。例によって(笑)ログ取りが遅くなっていますが、ご愛敬です。何度となく徘徊している、プリメタ北側のフェンスの向こうの道路を走っています。
Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

セブパシの恐怖・・・ クラーク国際空港で・・・

セブパシフィックのフライトキャンセルのメール

国際空港とは言え地方空港ですので、こじんまりしていました。すんなりチェックインを終え、イミグレもあっさり通過してしまいました。日本人は、私達だけのようです。

昼食前で小腹が空いていたので、軽食を済まし、パラパラとタイ語の本を見てましたが、まだ小一時間程あります。あたりを見渡すとノートパソコンを開いていてる数名の老白人さんがいます。

「んっ?Free WIFIが拾えるのか?」と思い、プリティピンクでコーティングされた愛機(笑)ネトブックを開いて確認すると、前褌(笑)でガップリ無線を捕らえています。ニヤニヤとパタヤ行きのお浚いをして、何気に《熱いメール》を確認しました。

そこには、『ぐっでぇぃ!』から始まる驚愕のメールが・・・


=====================================(ここから↓)

CANCELLED FLIGHT (RELOC: hogehoge)‏

差出人: CEB Schedule Change (?majidesuka?@cebupacificair.com)
送信日時: 2009年5月1日 2:41:21
宛先: ?tani-p@pogi?

Good day!

Please be advised of the schedule change of your flight/s. We apologize for the inconvenience that this disruption may cause you. Please see below your new schedule.

Record locator: hogehoge

5J 942 TH07MAY BKKCRK ETD 1525 ETA 1940 (OLD SCHEDULE)
5J 942 SA09MAY BKKCRK ETD 1525 ETA 1940 (NEW SCHEDULE)

Please acknowledge by replying to this email or by calling our Call Center in Manila at (+632) 7020888 or in Cebu at (+6332) 2308888. Thank you..

=====================================(ここまで↑)

なんと、往路前日に、帰りのフライトを変更したことが、通知されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しかも、チェックインの際にも、何のアナウンスもありませんでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全く想定外の事でしたが、変更日翌日が帰国日でしたので、とりあえずこのセブパシさんのブラックジョークを受け流し、バンコク滞在を2日間延期する決断をしました。

再びアンヘレスに戻ってくる予定でしたので、昨日にウォークアバウトホテルを予約していました。パタヤに到着すると直ぐにメールで、フライトがキャンセルされ、アンヘレスに滞在できないことを伝えました。ウォークアバウトホテルからは、『次回機会があれば、よろしくね。』と、これまた直ぐに返信がありました。

ウォークアバウトホテル:Walkabout Hotel

LOT#2 FIELDS AVENUE,BALIBAGO ANGELES CITY Tel# 63-45-625-6154

復路は、ニコイチになったにもかかわらず、ガラガラでした。

ちなみに、このクラーク⇔バンコクの往復のプロモチケットは、座席予約を含めて、5,467phpでした。こんなことも想定した上での価格ってことを実感した瞬間でした。まぁでも安いからまた、突撃します…(笑)

実は、この後の日程では、復路はバンコク→マニラが都合がよかったんです。言うだけならタダですので、マニラ行きに変更しろや!このスットコドッコイとかメールしときゃーよかったですね。この時は、舞い上がってて考えもしなかった・・・・・。

教訓としては、セブパシフィック利用時では、キツキツでスケジュールを組まないことですね。

※いま読み返すと、冒頭の “Good day!”が、なぜかムカつく。(笑)

セブパシの恐怖(その2)・・・ 機内で・・・

機内では、20~30匹ほどハエが乱舞しておりまして、一緒に空の旅を楽しみました。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 太郎 より:

    おはようございます。
    熱いメールですね。
    [色:0000FF]>・・ We apologize for the inconvenience that this disruption may cause you. [/色]
    小気味良い切り口上で、さすがcebupacific!気持ち良いほど、相手の都合無視ですね。
    変更を知らずにチェックインしたら、キレテマスねボクだったら。
    [色:0000FF]>んっ?Free WIFIが拾えるのか?・・・前褌(笑)でガップリ無線を捕らえています。[/色]
    あそこで、デンパ拾えるんですね。

  2. tani-p より:

    >太郎さん
    正直、国際線ですから、いくらなんでも・・・と、思いましたね。
    搭乗が迫ってましたので、とりあえず機中の人になったんですが、
    友人と相談して、「まぁ、それもいいっか?!」って、ことにして、タイ国を楽しんできました。
    金銭的な実害(HOTELの前払い費とか)が、なかったんで、良しとしました。
    クラークの搭乗待合では、問題なく拾えましたよ。
    そして、最後に1つ質問がありましたが、編集させていただきました。
    いろいろ使い分けている一つです。♪

  3. 太郎 より:

    あ゛!
    気が付きませんで・・<(_ _)>ゴメンナサイ・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA