WPL-2000(Wintec)とM-241(HOLUX)のGPSログ比較

【御断り】
もし、貴方が検索エンジンなどによって不覚にもこのブログに漂着したのなら、このページとこのページのリンクのみを見てください。18歳未満の方は、こちらへどうぞ。

ほぼ同じスペックのHOLUX社M-241とWintec社WPL-2000のトラックログを比較してみます。

発売されて久しいのですが比較的評判の良いM-241と、つい最近発売されたばかりのWPL-2000(WPL-1000の後継機)のGPSロガーの比較レビューになります。


スペックの比較詳細は、「 ここ 」に纏めてます。

結論から言えば(私的には・・・)「どっこいどっこい」でした。

英語なら、”be about equal” , “be about the same” , “be fifty-fifty” みたいです。
フィリピンで良く聞くフレーズに、”same same” ってありますが、こちらが「しっくり」きますか?(笑)
ちょっと、ググりましたら、”same same” はタイでも良く使う言葉のようです。

ちなみにこのTシャツは、アンヘレスで見かけたことがあります。
いかつい欧米人が「白」を着ていました。
フロント:SAME SAME
バック:BUT DIFFERENT

・・・と、つまらない前置きとアフィを貼った上で、本題のトラックログです。

ログは、M-241は”hoge.trl”書出し、WPL-2000は”hoge.nmea”書出して、それぞれフリーソフト(NMEA to KMZ file converter)を介して、”hoge.kml”に変換しています。

双方共に、直接KML出力できるのですが、ダイレクトにKMLにしてしまうと、5秒毎にウェイポイントのピンが立ってしまい、線のみのトラックが表現できません。書出しの際にオプション設定も出来ないので、線の太さや色の指定及び、ウェイポイントの消去などの為に、このフリーソフトを利用させてもらってます。このフリーソフトは、メニューが英語なので、てっきり他国の方の作成かと思っていましたら、日本人の作成したソフトのようです。バージョンUPも頻繁にされているようなので今後にも期待しています。

トラックログは2機種ともに、5秒毎で記録したものです。
ログがWPL-2000、ログがM-241のログです。

タクシーでのルートログです。

タクシーの助手席のボンネットの上に置いて記録しました。
ズームアウトぎみのマップですので、赤と青が重なりあって、紫色に見えてますが、ズームアップ(拡大)すると、それぞれのトラックの違いが確認できます。

Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

↑拡大して確認してください。

徒歩でのルートログです。

カメラのストラップにぶら下げて記録しました。
左右(東西)のナショナルハイウェイ(National Hwy)の道路の端(行きは、北側「上」を歩き、帰りは南側「下」)を歩いています。
拡大すればわかりますが、道路幅で水平にログが取れていれば、精度がいいってことでしょうね。
2つのログともに、上にズレています。と、いうことはログが正しいのか(?)・・・ってことなら、Google様のご愛敬ですね。(笑)

Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

↑拡大して確認してください。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA