マイクロテル (フィリピン パラワン島) - プエルト・プリンセサ

Microtel Inn & Suites

AgodaやTripAdvisorで、ホテルを検索していると、プエルト・プリンセサ付近のビーチに面しているホテルは思ったほどありませんでした。

安宿に喜んで泊まる趣味は無いし、かと言って$100以上のホテルには泊まれない、そんな庶民派ハポン(笑)がちょっと背伸びして選んだホテルが、マイクロテル・パラワンです。


っと、いうか、一応今回同行する娘さんにもリクエストがあれば知らせて!!とY!メッセで連絡はしていました。そしたら、数日後に、このホテルがいいと、連絡がありました。どうやら、娘さんの友達が以前泊まったことのある、お墨付きホテルのようです。

実は意見が一致したホテルです。ここが「よさげ」だな、と思ってましたから・・・

このホテルのネットお予約は、フィリピンでよく見かけるデポジットのみを徴収するシステムです。

いつものように、宿泊日の1週間前に、ネット予約しました。予約した翌々日にメールが来て、到着便を教えて欲しい。無料のピックアップがありますから・・・と。直ぐ様返信しましたが、その後翌日に確認した旨の返信がありました。

空港に到着すると、ホテル名の書いたプレートを持ったスタッフが空港出口にいました。

デラックスルームに宿泊しました。一階の海側の部屋でした。恐らくスタンダードは、陸地向きの部屋と想像します。

マイクロテル - デラックスルーム1F
マイクロテル - 洗面所
マイクロテル - 朝食バイキング



かなり遠浅になっています。多分、100m位沖に行かないと泳げません。一応、歩いてみましたが、海藻なんかもあり泳ぐような感じではありませんでした。一応、監視塔なんかもありますが・・・

ここは、ホテルの向きからサンライズを眺めることができました。眺望なんかは写真を見ての通りです。少なくてもセブのマクタン辺りのホテルよりは、趣のあるビーチと思います。(まぁ泊まったことはありませんが)

人工的なモノは、監視塔だけですが、いい味出してます。

実は、海辺にある2塊のマングローブは、電飾が施されていて夜になるとライトが灯ります。

マイクロテル - プールサイド




プール脇のブルーの扉の中がレストランになっています。このホテルは周りに何も無いので、朝食付きです。週末は、バイキングスタイルでしたが、月曜はメニューからチョイスするようになってました。客数によってスタイルを変更しているようです。

夜は、6:00pmと8:00pmに、タウン行きの送迎があります。帰りは、予め決めた時間に来てもらうか、運転手にテキストすると迎えにきてくれます。8:00pmの便に乗って、2夜街に繰り出しました。

残念だったこと

プールサイドのベットには「蟻」さんがいてチクチクやられました。それと、インターネットはフロント周辺は無料WIFIが飛んでますが、部屋は有料です。まぁそれは「SMART-BRO」があるので問題ないのですが、そのシグナルを部屋では拾えませんでした。

スマホ(HTC Desire)も部屋の中では、SMARTのシグナルを拾ったり拾えなかったりと・・・ここは、フィリピンですか?ハハハ。

総合点としては、思い出に残る、大変満足なホテルでした。

マイクロテルホテル

マイクロテル - 正面玄関左


マイクロテル - ビーチの様子(昼)
マイクロテル - ビーチの様子(夕刻)
マイクロテル - サンライズ


マイクロテル - ビーチ側からパシャリ
マイクロテル - ビーチ方面をパシャリ
マイクロテル - マングローブ林に潮が満ちる夕暮れ




先にアップした、アンダーグランドリバーや、ホンダベイなどの出発ホテルです。これらのログの出発地点をズームアップすると、GoogleMapsで高解像度の写真を見ることができます。ここ

関連サイト:マイクロテルホテル

口コミ募集中

宿泊した感想をお願いしています。宿泊日は、ザックリで構いません。ex) 5月中旬
ホームページから読み取れない(大人の)プチ情報なんかは、大歓迎です。
 【宿泊日】
 【部屋タイプ】
 【感想】

◆ 世界最大級の旅行口コミサイト – 旅の楽しさ伝えたい ◆
・この記事はトリップアドバイザーから相互リンクされています。
・Angeles City Travel – linked by trip adviser

agoda booking

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA