アンヘレスデビューする友人に最後に伝えるプラス1のヒント

アンヘレスデビューするキミへ

熱心な読者の方からメールをいただきました。(ハハハ ウソだろ?)


=== ここから↓

フィリピンは田舎町の格安ペットショップ通りのお話

フィリピンのマニラから北北西に100Km位離れた田舎街には、格安のペットショップが立ち並ぶ通りがあります。

そのペットショップ通りでは、血統書付きかもしれないそこそこ見栄えのする犬猫や、昨日、山で捕獲したと思われる野生サルや、サマールやミンダナオあたりの遠方からも集められた珍獣系・爬虫類系までが展示されています。

買取りも可能ですが基本的には1泊単位で、これらの動物をレンタルします。レンタルフィーは、日本の1/10程度です。先ずは、お試しで一泊借りて、気に入れば数泊レンタルするのが推奨されています。特に初心者は、一泊単位で延長しましょう。※理由は面倒なので割愛します。

アンヘレスの写真

黒いのもいれば、そこそこ白いのもいます。痩せたのもいれば太ったものもいます。しかし、日本の同種よりは、「やや小型」です。しかも何故か、メスばかりを集めています。欧米人はブサ顔系を好んで選んでます。東洋人はどちらかといえば目鼻立ちの整った系を選んでいるようです。この街には世界各国からキモカワ系の動物で癒されたい旅行者が訪れています。

アンヘレス・アトランティス - ペインティングショー

大型チェーン店では、各店の持ち回りで品評会を開催しています。音楽に合わせて踊らせたり、ペインティングショーをさせたり、プールサイドに並んでポーズさせたり・・・・。

それにしても、よく調教されされているものだと関心させられます。その様子は、ペット大好きで住み着いてしまった現地ブロガーからの写真や、旅行者等から投稿されたYouTubeで見ることができます。

この品評会を楽しみにしているペット愛好家もいて、わざわざこの開催日程にあわせて渡比するようです。にわか愛好家は、今度いつ開催されるの?とか、とんちんかんな質問をしてしまう場合もありますが、大型チェーン店のオフィシャルホームページを見れば、随時アナウンスされています。

初めて訪れると、『 え”ぇ~、これも商品なのぉ~!? 』と、驚愕することもあります。なぜなら、日本では絶対に販売されない風貌の珍種がいるためです。

店内では数名の女マネージャーがグループ単位で管理しています。どの女マネージャーに聞いても、一度レンタルすれば返金はしませんが、返品はいつでも「オK!!」とのこと。

女店長曰く、大きなゲージがあれば、『仲の良さそうな数匹をレンタルしていかれるお客様もいらっしゃいますよ。また、昼夜を問わずとっかえひっかえレンタルするお客様も・・・。』 と。。。

部屋でじゃれあうと早速、なついてくれるのもいれば、警戒心からか小生意気に威嚇してきたりするのもいます。店では十分にチェックしたはずですが、やっぱり相性が自分に合わないな?と思ったりすることもあります。そんな時でも、「どついたり」「ののしったり」すると噛み付かれたり、刺されたりする場合もあります。猛毒を持った爬虫類系では、レンタルフィーの数十倍や数百倍の治療費が必要になります。

持ち帰って気に入らなかったり、愛嬌たっぷりなのですが、種類によってはある部位の匂いがキツかったりした場合などはサッサと返品します。

なついて癒されれば、数日飼ってプールやショッピングモールにも連れて行ってもいいでしょう。日程に余裕があれば、プチトリップにでも出かけみても、貴方の思い出の幅が広がります。気に入れば、お店に相談して時価で買取りもできます。しかし買い取っても大概の場合は、後悔するようです。特に日本人の場合は、十分なコミニュケーションができないですからね。

フィリピンのジョリビー - DAU

フィリピン各地にある、妙なマスコットキャラで有名なジョリビーって店の主力商品の、ペットフード「商品名:C1」ってのが好物です。

露天だとさらに安くレンタルしている場合もありますが、部屋に到着するなり、制服を着たブリーダーからクレームを言われ高額なペナルティを払った人もいたようです。噂によればまだブリード中の幼犬だったとか。人間の年齢に換算して18歳未満のレンタルはご法度です。下手すると自国に帰れなくなりますからね。

深夜になると、勝手に徘徊するメスに扮したオスもいるので、注意が必要です。まぁでもタイとは違って化け方がヘタなので普通にバレてしまってますけどね。

ペットは店でレンタルする。レンタルしたら誠意で接する。これはペット愛好家の最低限のマナーです。

何故かあなたが帰国した直後に、家族が大病を患ったり、兄弟が事故で大ケガしたりする便りが届く場合があります。もちろん99.999%がでっち上げのウソです。だから、ビギナーなペット愛好家は、その街では母国のプライベートなこと(自国のケータイ番号やメアドなど)は教えず、一期一会を楽しむのがスマートな遊び方だとされています。

時々「ペット依存症」になる人がいるようです。 くれぐれもご注意を・・・。

記 2011/07 どや顔@名無しさん Powered by キモ顔@tani-p

=== ここまで↑

ん~ん、この ピリピン正統派旅行ブログ(笑) との関連が不明ですよ。

そもそもペットやペットショップの話でしょう?

そんなもん、あんまり興味ないんですけど・・・。

まぁいっか。(笑

関連記事:(前編)アンヘレスデビューする友人に最初に伝える8つのヒント Cool!

さらに、アンヘレスを知りたい、若葉マークのキミへ:アンヘレスのネタ

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. たろう より:

    最高に面白い文章です。
    犬好きなので初めは本当に犬の品評会か何かの話と勘違いしていました。(笑

    • tani-p より:

      この記事は結構校正したんで、喜んでいただけると励みになります。
      と、伝えておきます。www

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA