ボラカイ島への行き方と地図と費用(カティクラン空港からボラカイS3)

カティクラン空港からのボラカイ島に向かうルートログをグーグルマップでご紹介します。【2011/05現在】

カティクラン空港からボラカイ島へ行く費用

トライ+環境税&入島料+バンカーのチケット

カティクラン空港を出ると、トライ乗り場があります。
ここで、下記料金を払います。

カティクラン~バンカー乗り場:トライ:P50
ボラカイ環境税&入島料:P75
バンカーボート:P25

で、バンカー乗り場に到着すると、以下を払います。
ターミナルフィー:P50

で、ホテルまでのトライ代を払います。ボートステーション3まで。
ボラカイ側港~ホテル:トライ:P100

最後のトライ代は交渉次第ですね。でも、旅行者ならP100デフォでしょうね。トライは、同行する娘さんと乗っても費用は同じなので、2名合計だと、(P50x1)+((P50+P75+P25)x2)+(P100x1)=P450になります。あひゃひゃ~。


項 目内  容
記録した人tani-p
記録した日2011年05月07日(土)
開始地点カティクランエアポートのトライ乗り場
終点地点ボラカイのターミナル3近辺の日系ホテル
移動手段トライシクル⇒バンカーボート⇒トライシクル⇒徒歩
移動時間 約5.5Km
Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

※地図を拡大すると、ピン位置がさらに詳細に判ります。

ボラカイ周辺のグーグルマップは解像度が悪いですねぇ~。今後に期待!

ボラカイに島に行くバンカー
ボラカイ側の桟橋


トライ乗り場へ
ホテルに向かう道中で


ボラカイの残念っぷり

初回(2006/01)は、ホワイトサンドビーチの、いわゆるボートステーションに、バンカーボートをザザザーと乗り付けるスタイルでした。だから、ビーチサンダルは必須です。とか、いろいろなサイトやブログで紹介されていました。

二回目(2008/02)には、既に今回(2011/05)の桟橋に到着する様になってました。さらに後日アップする帰路では、バンカーボートでは無く、小型のボートになってました。

環境税を徴収しながら乱開発され肥大化するボラカイを象徴するような、=途中省略= ボラカイの残念っぷりを、改めて感じました。

まっ、比国民憧れの地=ボラカイですから、『どこ行きたい?』って、P娘に尋ねた自分が悪いんでしょうね。(笑

90年にBMWのアンケートでNO1ビーチになったっていう「大昔の呪文」をまだ信じているんでしょうか?

それとも、

ボラカイ島は、キモ痛ハポンが比嫁家族ご一行様を連れて最初に行かされる場所って位置づけの島ですか?

これまでに行ったとこで比べると、

(どや顔で)セブ島行くくらいならボラカイ島で、ボラカイ島行くくらいならパラワン島かな?

でも、

ドライシーズンには間違いなく風があるので、カイトやウィンド目的ならアリかな?

宿泊ホテル(前半):サーフサイド ボラカイ リゾート&スパ - フィリピン ボラカイ島
宿泊ホテル(後半):ザ ストランド ホテル - フィリピン ボラカイ島
帰路のログ:ボラカイ島からの帰り方(ボラカイS1~カティクラン)

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA