クラークから大阪(関空)へ - エアアジア・フィリピンが就航!?

エアアジア・フィリピンのおさらい

2010年12月、マレーシアのエアアジアと、フィリピンのテレビ局、不動産開発業者などと合弁で設立された。2011年8月15日に機体を受領し事業を開始、同年10月に就航する予定である。
ルソン島パンパンガ州アンヘレス市に隣接したクラーク経済特別区に本拠をおく。


情報ソース:エアアジア・フィリピン (AirAsia Philippines) by WIKI

さらに、出資比率は株式の40%は親会社のエアアジアが保有、60%はフィリピンのアキノ大統領の従兄弟にあたるアントニオ・コファンコ氏が保有する。とありました。

関連サイト:Air Asia Philippines on Facebook

エアアジア・フィリピンがクラーク~関空を就航?

エアライン板からのパクリネタです。

以前もゼストエアーでフィリピン⇔日本の就航話があったようですが、立ち消えしたみたいですね。

昨年の12月27日に以下のサイトで、クラーク⇔大阪・名古屋の座席数の割り当てをしたとあります。

160席を6ってことは、3往復/週ってことですか?

CAB also gave AirAsia Philippines 6 co-efficients, which can be used to mount flights to Osaka and Nagoya in Japan from Clark. One co-efficient is equivalent to about 160 seats.

下の記事にある、エアバスA320は、標準仕様で164席(150~180)のようです。
ちなみに、CAB(Civil Aeronautics Board)は、翻訳すると民間航空委員会って変換されました。

情報ソース:2011.12.27 CAB approves more flights to Vietnam, Cambodia

エアアジア・フィリピンのニュース

2011.5.11 エアアジアX、大阪/福岡/名古屋へ近く乗り入れ-エアアジア・フィリピンも日本就航
※元ネタ(TTG asia)も必見!

2011.08.16 エアアジア・フィリピンが初号機のA320型を受領

他サイトによると、設立当初から、日本は視野に入れているってインタビューもありました。ただ、就航のスケジュールは、チョット遅れ気味のようですね。他は、ググッてください。

エアアジア・フィリピンの日本への就航話ネタを見つけましたら、コメント欄でお知らせ下さい。(但し、個人ブログは除きます。)

まぁでも、日本からクラーク直行便が就航すると、一時的には、「わぁーい!!」って、なるんでしょうが、

『わざわざ行く僕達のアンヘレスのゴーゴーバー(笑)』

の終焉がまた一歩近づきませんか。それとも、ビジネスチャンスですか?

大阪と名古屋のおっさんが溢れると、たこ焼き屋と手羽先屋の屋台をフィールズに出店します。www

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. sokusoku-bunbun より:

    あけましておめでとうございます。
    今年も楽しいブログ期待してます。

    おお!と思ったらまた関空からですか・・
    乗客の顔ぶれが痛いぐらい想像できるルートですねw
    なんとしてもここだけは避けたいとキャビンアテンダントも思っていることでしょう。

    2月にアンヘ行ってきますね。

    • tani-p より:

      おめでとうございます。
      こちらこそよろしくお願いいたします。
      6頭身のTHE昭和のおっさん的には、若人が来ると出番が無くなります。(泣;
      >2月にアンヘ行ってきますね。
      もしかしたら、ど短期で一足早く行くかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA