2012GW渡比報告(その1)ダバオ一人旅

今回の渡比日記は3部構成でエントリーします。

前回3月の渡比に袖振りあった、某施設にお勤めの娘さんですが、前回滞在中は、ほぼ毎日、数回テキストが来てました。ん~ん、こりゃー、よっぽど、アコにインラブなんだなぁ~と。。。(爆

で、黄金週間に向け皺の無い脳ミソで、スケジュールを確認していると、フィリピン到着の翌日から2泊程度は、久しぶりに地方に行けそうだぞっと。でもって、GmailのSMSですよ。奥さん。


フィリピンケータイにGmailからSMSを送ったある日の検証結果で、少し触れていますが、この娘さんは実は、数日前に、ダバオに帰省することは、前回滞在中に聞いていました。

ダバオ行きのマニラ空港にて
◆ダバオ行きのマニラ空港にて


ダバオ一人旅の経緯
Tp 「 貴方がダバオに居るなら、私もダバオに行くよん。2泊するから一緒に居よーね。ハニーコ!! 」
ダ娘 「 もちろん。私ダバオで待っているわー。あいみすゆぅ~!! タニピー!! 」
Tp 「 今、マニラに到着したよ。ダバオは、明日の10:00am過ぎに到着だよ。 」
Tp 「 ダバオのホテルにチェックインしたらテキストするから。ハニーコ!! 」
ダ娘 「 … 」





ダ娘「 tani-p h0w are y0u. i hve a sick N0w 」 ※原文のまま
Tp 「 それは大変だ。でも、私は貴方を助けることができる。 」
Tp 「 何故なら、私は日本のグッド・メディスンを持っているから・・・。ハニーコ!! 」
ダ娘「 sorry, i never c0me to you because i hve a sick:) 」 ※原文のまま

でたよ。でたでた。判りやすいお手本的ドタキャン!! (笑

出発間際の早朝のやり取りだったので、少し寝ぼけていたんですが、実は、私はドクターです。とか言ってもっとイジってやれば良かったかな。と反省。

帰路のダバオ空港にて
◆帰路のダバオ空港にて


これまでのフィリピン地方都市巡りで誘った娘さんは、2回以上は袖振りあった仲だったんですが、今回は1回きりだし乗りが良くても、ちょっと急ぎすぎたかな?と、反省しつつ、初めての地方都市一人旅になりました。あはは。

まぁでも娘さんのチケット買ってた訳でも無いし、実質支出金は、自分のダバオ往復のエアー代のみ。新規開拓も無かったので、去年同月のボラカイ旅行から丸一年ぶりの小旅行になりました。

気持ち、ホテル代を奮発したんですが、所詮AGODAのプロモだし。。。

あえて言えば、ダバオでまったりする予定だったので、ノープランでの訪問になりました。

渡比直前の3日前にダバオ行きのエアーを検索すると、ゼストエアーやエアフィルより、やっぱりセブパッシャンが安かったですね。ちなみに、帰路は就航して間もない、エアーアジアの、ダバオ-クラーク便にし、直接アンヘレス入りしました。クラークからの移動は、クラーク国際空港からジープニーでフィールズ・メインゲートに行く方法に記載しています。

カラオケは、苦手なんですが、2年前に同行した友人が絶賛していた、E.T KTVにも行ってみました。カラオケテレビには、MTVを流してもらって、痛い英語を駆使しながら身振り手振りで、SMLを8本とテキーラを2杯飲んで出来上がりました。あはは。ちょっと遅い時間だったので、ショーアップは、3名からのチョイスになりました。

帰りに、BFして~!!と、言われ値段を聞くと、言い値はP3,000だと。ここにBF制度はあったんですか?

ダバオのタクシーもセブ同様に、完全メーターで、ストレスなく使えるのがいいですね。

帰りにホテル近くに大箱のブルーネオンのKTVらしきものが見えたので、急遽降りて値段を確認すると、P2,000でした。名前は、CLESHAN Blue Opera だったかな?酔っ払ってたからよく覚えてないけど、ここも日本語の達者なママさんらしき人がいましたね。

KTVの翌晩に、HOT REGS2の娘さんと深夜に食った、ちょっと小ぶりの地鶏(?)、「ビサヤチキン」の串焼きが美味かったですよ。鶏の串焼きを料理というかどうか判りませんが、フィリピンで食った中でこれまでに一番美味かったですね。

ライスを指先でツンツン突いてほぐし、チキンとライスを手で摘みながら食い、これがフィリピンスタイルと言われても、こちとら、お箸の国の人ですから、そんなモンキースタイルは無理と思いつつも、優しい初老ハポンは、「へぇ~、そぉやって食べるんだ。」と、ひとしきり感動した素振りで眺めていました。

今後のエントリー予定
 ・健全観光ログ フィリピンイーグルセンター
 ・Kings Spa 視察 ※セブにもあると言っていた
 ・HOT REGS2 見学 ※4時間滞在記(笑
 ・初めてのエアーアジア搭乗記
 ・HOTEL Tropika 滞在記

スポンサーリンク

あわせて読みたい

5件のフィードバック

  1. sokusoku-bunbun より:

    いいっすね~、こういうシチュエーション。大好物ですよ!

    ドタキャン、凹んでドンマイ後、新たな希望を求めて現地へ一人旅立つ・・。
    俺も一人でボラカイ行ったな~・・。でもそんな漢旅に優しいのがフィリピン。

    続編期待してます。

    • tani-p より:

      お口に召したようで何よりです。(笑
      >でもそんな漢旅に優しいのがフィリピン。
      初日に一人寝したもんだから、ホテルのフロント絡みの枕営業がシツコクありましたね。www

  2. sokusoku-bunbun より:

    タニPさん、お久しぶり。今ダバオです。
    たまたま地方に行くためエコランバスターミナル近くのホテルに泊まったらET発見してしまいました。
    据え膳寄らぬは男の恥ということでオープンドアしたんですが、システムもよくわからずvipルームに通されそうに
    なったので(1200pって言ってたな…)アコはカラオケは好きじゃない、ねーちゃん見ながらマッタリ飲みたいんだというと、じゃーこっちで飲んでなとカウンターに通されました。ねーちゃん付けたければレディースドリンクな、というのでピラ?と聞くとワンドリンク660pだと!私はこの類のお店入ったことないんですけど、こんなもんなんですか?当然サンミゲル一本で脱出してきましたよん。

  3. sokusoku-bunbun より:

    へ~そうだったんですか…,ってそれでも330pじゃないですか!
    アコはまだ金だけが命綱のハゲオヤジではないので4000,5000pをそうポンポンとは出せませんyo!
    現地の生活レベルも知ってるし…
    やっぱりアンへはコスパが高いんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA