パタヤ・ラン島への行き方 - 往路でのフェリー(客船)航路ログ

パタヤのラン島へ行く方法

2011年のGWにパタヤ詣した時に、レンタルバイクでパタヤの主要な観光スポットを巡ってしまい、行きたい場所が無くなってしまいました。ネット情報によると、パタヤのビーチは余りキレイじゃないので、

ラン島に行って泳いできましたぁ~。キレイだったよぉ~。\(^o^)/



なぁ~んて、個人ブログが踊ってます。ホンマかぁ?

パタヤの情報サイトによると、ラン島に行くには、3つの方法があって、

  • スピードボートをチャーターして行く (1,500~2,500バーツ) ※要交渉
  • 中型フェリー 【定期客船】で行く(150バーツ) ※桟橋左側から出航
  • 大型フェリー 【定期客船】で行く(40パーツ) ※桟橋右側から出航

とあった。 ※40バーツは比較的新し目のサイトより転記。古い個人blogだと20B~てのもある。

ラン島行きのチケット売り場

桟橋元にある建物 に入いると直ぐ左に 時刻表 があり、そこでチケットを売っていたので、「幾ら?」と質問すると、150数バーツだと云う。チケットには、150バーツとあったが3~6バーツ高かった。数バーツの違いなので理由を聞きもしなかった。チケットとともに、四角いオレンジのシール(ビニールテープを切っただけのもの)を貰った。このシールが乗船時の目印になるようなので、ディバッグのベルトに貼った。

で、「次は何時に出発するの?」と聞くと、数分後の12:00pmだと云う。但し、時刻を書いたボードにはその出航時間はなかった。桟橋の途中まで歩いていると、GPSロガーをバイクにぶら下げたままにしていることに気付き、走って戻った。時計を見ると出港の3分前だった。あの長い桟橋を猛ダッシュしてフェリーに飛び乗った。最後の客だった。

項 目内  容
記録した人tani-p
記録した日2012年05月04日(金)
開始地点パタヤ乗船場(バリハイ桟橋)
終点地点トンランビーチ
移動手段フェリー ※中途半端な大きさの船ですが、日本人的にフェリーとします
移動時間12:00 ~ 12:45 (45分) ※以下は電源入れ忘れて途中からのログ
 Total time 00:36:25
 Distance 10.060Km
 Speed 16.575Km/h
料金150bahtちょっと ※往復の料金
補足説明40バーツの客船は桟橋の乗船場でそのまま現金払って乗れるようですね。
パタヤの情報サイトによるとバイクも100バーツで持ち込めるみたいです。(要確認)
Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

※地図を拡大すると、ピン位置がさらに詳細に判ります。

ラン島に行くまでの写真

パタヤ・ラン島 - 出港直後
◆パタヤ・ラーン島 - 出港直後 ※GoogleMapsのパタヤ側の桟橋を拡大すると乗り場が確認できます


パタヤ・ラン島- 沖に見えるのがラン島
◆パタヤ・ラーン島 - 沖に見えるのがラン島 島周10Kmほどの島みたいです


パタヤ・ラン島 - パタヤ側です
◆パタヤ・ラーン島 - パタヤ側です ※パタヤタワーとかパタヤビューポイントとかが見えます


パタヤ・ラン島 - こんなスピードボートが何隻も追い越して行きます
◆パタヤ・ラーン島 - こんなスピードボートが何隻も追い越して行きます


パタヤ・ラン島 - トンランビーチへの乗り換え船
◆パタヤ・ラーン島 - トンランビーチへの乗り換え船 ※後ろに見えるのがそのビーチ


パタヤからラン島に行くまでの航路の写真です。海の色が変化しているのがわかります。

実は、乗った客船がラン島のどこに着くのかさえ知りませんでした。ははは。

トンランビーチは、経路途中のビーチでしたが、知らずに降りてしまいました。本当は、セームビーチ行きだったようです。降りたのは、20数名だったかな。ただ、このビーチからレンタルバイクを借りて全てのビーチをパトロール(笑)しました。

でもって、私は、コー・ラーンのビーチを全て語れる数少ない日本人の仲間入りになりました。(爆

関連記事:パタヤ乗船場(バリハイ桟橋) - Pattaya Pier

関連記事:パタヤ・ラン島からの帰り方 - 復路でのフェリー(客船)航路ログ
関連記事:パタヤ・ラン島のキレイなビーチは何処?【おすすめビーチとバイクログ】
関連記事:パタヤ・ラン島でレンタルバイク(スクーター)を借りる方法と運転した感想

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA