マルコス島(イメルダケーブ) - フィリピンのハンドレッド・アイランド

Marcos Is. (Imelda Cave) – Hundred Islands

ハンドレッドアイランド - マルコス島のプレート
◆マルコス島のプレート

ハンドレッド・アイランズのアイランド・ホッピングで2番目に訪れた島です。

先に寄ったガバナーズ島周辺の海は余り綺麗で無かったので、正直、海のキレイさは期待していませんでした。

が、・・・

マルコス島が近づくにつれ、おや?あれれ?え”ぇ~ケッコウ海キレイじゃんとか思いました。

だんだんと沖に向かってのアイランドホッピングだったので、後で巡る島々ではさらにキレイなビーチもありました。

この島は、ハンドレッドアイランドの見所の一つの島だと思います。

ハンドレッドアイランド - マルコス島に到着
◆マルコス島に到着 ※写真左手方面にイメルダケーブに続く穴がある


ハンドレッドアイランド - マルコス島のビーチ
◆ハンドレッドアイランド - マルコス島のビーチ


ハンドレッドアイランド - マルコス島のビーチと乗ってきたバンカーボート
◆マルコス島のビーチと乗ってきたバンカーボート ※白い椅子はステップがわり


前日のスコールが信じられないくらいいい天気になってきました。

オレってなんか持ってる人だな。と確信した瞬間です。www

マルコス島のイメルダケーブ

マルコス島の目玉はなんといってもこのぽっかり口を開けたイメルダケーブですね。

小道をちょっと登った先にありました。この穴は、海に続いていて、飛び込んでそのまま、バンカーボートが到着したビーチに泳いで戻れます。

Tシャツとカメラを同行した娘さんに託してダイブしました。ロータイでしたが水深は2Mちょっとだと思います。

この島で30分ほど泳いで次の島に向かいました。

ハンドレッドアイランド - マルコス島のイメルダケーブを上から望む
◆マルコス島のイメルダケーブを上から望む


ハンドレッドアイランド - マルコス島のイメルダケーブ
◆マルコス島のイメルダケーブ ※写真左側からビーチに抜けることができる
※ほぼ同じカットの写真が、「地球の・・・」の本にありますね。


ハンドレッドアイランド - イメルダケーブの天井にはコウモリがいる
◆イメルダケーブの天井にはコウモリがいる


まとめ記事:ハンドレッド・アイランドのアイランド・ホッピングのバンカーボート航路ログ

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA