ハンドレッド・アイランズのルカップのバンカーボート乗り場周辺

ルカップ(Lucap)の港周辺 ・・・ ハンドレッド・アイランドの行き方

ハンドレッドアイランド - ルカップのボート乗り場にあった記念碑
◆ルカップのボート乗り場にあった記念碑

この港がハンドレッド・アイランズ(Hundred Islands)へアイランドホッピングする拠点となる場所です。ここには、観光案内所もありますし、公営のバスハウスで(有料)シャワーやトイレもあるようです。

アラミノス(Alaminos)からボート乗り場のルカップ(Lucap)に向かう途中で少しパラパラとしてきましたが、港に到着するなり、激しい雷雨に見舞われて、傍にあった海の家風の食堂に飛び込んで、昼食にしました。

ここには、3店のトロトロが並んでました。


隣に観光案内所があって、そのスタッフが熱心に翌日のボート予約をススメてきましたが、ホテルでバンカーを頼んだので、結局この場所へは戻ってきませんでした。

ベストシーズンは乾季の3月~5月とのことです。

降り止むのを待っていたのですが、降り止む様子もなかったので、「地球の・・・」で紹介されていた、ホテルに飛び込みで訪ねました。

どうでもいいけど、この像はアクロバティックな69でもしているのですか。

ルカップ到着時の激しい雷雨の様子

ルカップ到着時の激しい雷雨の様子を臨場感溢れる動画でお楽しみ下さい。(笑
GoogleMapsによると、この像は、Memorial to the Diver とありました。潜っているんですね。きっと。


 ※NIKON D3100のデジイチにて撮影

ハンドレッドアイランド - 係留されたバンカーボート
◆係留されたバンカーボート
ハンドレッドアイランド - 陸揚げされたバンカーボート
◆陸揚げされたバンカーボート


ルカップの港を宿泊ホテル付近から・・・ここから下は翌朝に撮影した写真です

ハンドレッドアイランド - ルカップの港にある展望台
◆ハンドレッドアイランド - ルカップの港にある展望台


ハンドレッドアイランド - ルカップの港を遠くから望む
◆ルカップの港を遠くから望む


ハンドレッドアイランド - アイランド・ホッピングに出発する
◆アイランド・ホッピングに出発する


ハンドレッドアイランド - そろそこ引退か? M-241GPSロガー
◆M-241GPSロガーとサブGPSロガー


港周辺の地図

港に続く道路の端に、アイランドホッピングの昼食の買出し(トロトロ数軒)や観光案内所及び、(有料)シャワーブースもあります。ダイレクトにここに行けば、なんとかなります。

関連記事:ダグパンバスでアンヘレス・ダオからアラミノス(ルカップ)へ行くログ
関連記事:ハンドレッド・アイランドのアイランド・ホッピングのバンカーボート航路ログ
関連記事:ビクトリーライナーバスでアラミノス(ルカップ)からアンヘレス・ダオに帰るログ
関連記事:ビラ・アントリン - フィリピン・ルカップ(アラミノス) ハンドレッド・アイランドの宿
関連記事:アンヘレスからバスでハンドレッド・アイランドへ行く ・・・ 1泊2日の総費用
関連記事:ハンドレッド・アイランズのルカップのバンカーボート乗り場周辺

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA