ハンドレッド・アイランドのアイランド・ホッピングのバンカーボート航路ログ

ハンドレッドアイランド (Hundred Islands)

アイランドホッピングは、ホテルで手配した貸切りのバンカーボートです。

バンカーボートの大きさ(=乗れる人数)によって料金は違うようですが、何人乗っても金額は同じです。(時期にもよるのでしょうが)海はウネリもない静かな海でしたので、小さいバンカーでも揺れは少ないと思います。

安くて大きな船を用意してくれる船長と上手く交渉すると、いいでしょうね。

今回手配した船は、写真にも写ってますが、黄色と赤色の横縞で屋根が青のバンカーボートです。

まぁでも、トラブル無くアイランド・ホッピングを楽しみたいのなら、ルカップの港のインフォメーションセンターで頼むのが一番かも知れません。場所は、GoogleMapの緑のピンの場所にあります。ピンは置いてませんが、なんちゃらダイバーのモニュメントのある場所です。行けば絶対わかります。

項 目内  容
記録した人tani-p
記録した日2012年07月17日(火)
開始地点ルカップのバンカーボート乗り場
終点地点ルカップのバンカーボート乗り場
移動手段バンカーボート
移動時間時間:8:54am ~ 1:16pm
総距離: 4.18 km + 6.44Km +5.25Km = 15.86Km
Google Earthで最遠の島まで直線を引くと6Km位だったのでバンカーログとしては、
16Km弱で間違い無いと思います。
料金P1,400
補足説明宿泊したホテルで手配したバンカーボートです
帰路は船頭が間違えて変な方向を目指したので、ログが変です。w

アンヘレスから弾丸日帰りも可能だと思いますが、
アンヘレス(ダオ)を昼位に出発して、アラミノスをちょっと散策し、
ルカップのレストランでシーフードでも食べてホテル宿泊し、
翌日、少し早起きして、8:00amから島めぐりしてアンヘレスに帰るのがベストかな。
Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

※地図を拡大すると、ピン位置がさらに詳細に判ります。

ハンドレッド・アイランズの島々やボート乗り場の様子

※写真をクリックすると詳細なページにジャンプします。

ガバナーズ島 (Gavernor’s Is.)マルコス島 (Marcos Is.)
ハンドレッドアイランドから - ガバナーズ島 (Gavernor's Is.)
◆展望台があります
ハンドレッドアイランド - マルコス島 (Marcos Is.)
◆イメルダケーブがあります
カテドラル島 (Cathedral Is.)ロペス島 (Lopez Is.)
ハンドレッドアイランドから - カテドラル島 (Cathedral Is.)
◆通りかかっただけの島
ハンドレッドアイランド - ロペス島 (Lopez Is.)
◆綺麗だった島のビーチ
ケソン島 (Quezon Is.)チルドレンズ島 (Childlen’s Is.)
ハンドレッドアイランドから - ケソン島 (Quezon  Is.)
◆観光客に人気の島
ハンドレッドアイランド - チルドレンズ島 (Childlen’s Is.)
◆あまり印象に残ってない島
クエンコ島 (Cuenco Is.)ルカップ (Lucap)ボート乗り場
ハンドレッドアイランドから - クエンコ島 (Cuenco Is.)
◆トンネル=クエンコケーブ
ハンドレッドアイランド - ルカップ (Lucap)ボート乗り場
◆バンカーボート乗り場

ハンドレッド・アイランズを紹介する判りやすい動画

※このエントリーをアップするのに、ちょっとハンドレッド・アイランドの事を調べたんですが、まだまだ見所の島はあるようです。機会があればまた行ってみたいですね。

関連記事:ダグパンバスでアンヘレス・ダオからアラミノス(ルカップ)へ行くログ
関連記事:ハンドレッド・アイランドのアイランド・ホッピングのバンカーボート航路ログ
関連記事:ビクトリーライナーバスでアラミノス(ルカップ)からアンヘレス・ダオに帰るログ
関連記事:ビラ・アントリン - フィリピン・ルカップ(アラミノス) ハンドレッド・アイランドの宿
関連記事:アンヘレスからバスでハンドレッド・アイランドへ行く ・・・ 1泊2日の総費用
関連記事:ハンドレッド・アイランズのルカップのバンカーボート乗り場周辺

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA