ラゲッジチェッカープラスで空港カウンターの重量オーバーの不安を解消!

MAQUINO – Luggage Checker Plus

ミキタニ商店で買いました。送料込みで、1,995円でした。じっくり検索すれば、楽天ポイント10倍のショップもあるようです。


トランクの重量オーバーを事前に防ぐトラベル小物とあり、「空港カウンターの不安を解消!」や、飛行機のマークやハードトランクのマークもあって、思いっきり旅行バック(トランク)専用を意識した商品です。ローコストキャリア(LCC)用の重量超過で無駄な料金を請求されない対策グッズですね。

カラーは、白とオレンジがありましたが、オレンジをチョイスしました。

電源は、ボタン電池で、CR2032 が1個です。

使い方は、電池を入れて電源を押すだけです。

重量が確定するとブザーがなります。でもって、30秒放置すると自動で電源も切れるようです。

量れる最大重量は50Kgまでで、100g単位で表示されます。これだけ量れれば個人の一人分の荷物としては十分ですね。

使った印象

握りやすいハンドルで、僕のようにガリガリのひ弱な老人でも大丈夫みたいです。(笑

で、肝心のこのラゲッジチェッカープラスの重量は、101gでした。

ラゲッジチェッカープラス - 本体重量
◆ラゲッジチェッカープラス-本体重量


【使い方】

  1. 電源を入れる
  2. トランクに取り付ける
  3. ゆっくり持ち上げる
  4. 確定したらブザーが鳴る

まぁ、お土産品を買って帰る訳でも無いですし、基本的に行きより帰りが重くなることは無いのですが、一応、先日の渡比で持って行ってみました。なんか、空港でバタバタしない安心感がありましたのでこれからもトランクに入れていこうと思います。

ラゲッジチェッカーは、グッズ(Goods)ページにも結構な種類を掲載していますPO!!。

風袋機能付き

風袋機能とは、風袋(包装や容器)の重量を計算し、減算することで正味重量を計測する機能です。つまり、予めバッグの重量などを量って重量を確定(ブザーが鳴ったら)させ、次に電源ボタンを押すと、表示が一旦0.0Kgになり、中身だけの重量が量れる機能みたいです。まぁこれは、旅行用途としては、余り意味の無い機能ですね。

※国内での宅配便の重量を量る用途にも使えます。

ラゲッジチェッカープラス - 商品箱
◆ラゲッジチェッカープラス-商品箱
ラゲッジチェッカープラス-荷物を持ち上げる
◆ラゲッジチェッカープラス-荷物を持上げる


関連記事:格安航空会社(LCC)を利用するなら手荷物の重量を事前に量るのは常識です

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 遠州人 より:

    私も似たようなヤツを愛用してます。

    安かったのですが、荷物の中で勝手に電源が入ってしまうので、移動時は単4電池を外しておくのがちょっと面倒。でも精度も高く、安心です。

    最終日のホテルチェックアウト前、予約している預り荷物重量制限ギリギリまで、冷蔵庫に余ったビールや現地の安い飲み物を持ち帰れるのが最大のメリット!?

    先月は好物のマンゴジュース7缶、SMG4缶、アイスコーヒーなど全部入れても余ったので、サービスウォーターまで持ち帰りました、、、。

    • tani-p より:

      うぁ~、まさにチェックアウト日に冷蔵庫の中の余ったジュースをフロントの娘さんにあげて帰りました。そんな使い方ができるのなら、SMで適当な普段使いの品を買った来て日本に持ち帰るのもアリですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA