フィリピンのコロン島のアイランドホッピング(Day2) コーラルガーデンなど

コロン・アイランドホッピング (二日目)

REEF & WEECK’S Tour

このツァーのお品書きです。たったの、3ヶ所しか巡る場所がありません。まぁ、片道がバンカーでほぼ2時間かかりますから仕方がないですね。でも、それぞれが、良かったですよ。

  • PASS ISLAND
  • LUSONG GUNBOAT
  • CORAL GARDEN

INCLUSIONS:
・Entrance Fee
・Life Best
・Tour Guide Assistance
・Picnic Lunch with fruit & drink
・Cottage Rental

このツァーで、ワクテカしたのは、やっぱり、コーラル・ガーデンですね。
和訳すると、サンゴ庭園ですか。

項 目内  容
記録した人tani-p
記録した日2013年07月14日(日)
開始地点コロンタウンの港
終点地点コロンタウンの港
移動手段バンカーボート
移動時間アイランドホッピングの総時間:9:22 ~ 16:21
総距離:コロンタウンの港からパスアイランドまでは、直線で30Kmありますので、総移動距離は70Km位あります。
Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

※地図を拡大すると、ピン位置がさらに詳細に判ります。

PASS Island (パス・アイランド)

パスアイランド - 島全体の様子
◆島全体の様子

アイランドホッピング二日目にランチを食べた島です。

ビックリする2つの生物がウジャウジャといました。

この記事は、こちら で纏めました。

Corral Garden (コーラル・ガーデン)

突然、バンカーを停止して、ここがコーラル・ガーデンだと云われ拍子抜けしました。ドボンと飛び込むと目の前にサンゴの群生がありました。もちろん、最初に滞在した、パスアイランドよりサンゴは凄かったです。名前の通りの場所でした。ただ、ちょっと雨も降っていて日差しが乏しかったのが残念でした。

残念ついでに書くと、潮流が結構あって流されます。ですので、余り泳げない人は、ライフジャケットをロープに付けてロープ伝いに見学していました。

さらに残念だったのは、クラゲがいてチクチク刺されました。※時期にもよるのでしょうね。

コーラルガーデン - ルソン島付近
◆コーラルガーデン - ルソン島付近


Lusong Gunbort Wreck (ルソン・ガンボート・レック)

ここも沈没船のダイビングポイントです。干潮の時は一部が水面から見えるのでしょうか?結構浅瀬のポイントです。船の側面に立つことができました。この付近もそこそこにサンゴがあるようです。飛び込んで水中を覗くと、3~4m位下を3名の欧米人ダイバーが潜ってました。

ルソン島 - ルソン・ガンボート・レック
◆ルソン・ガンボート ※茶色いのは船の側面
ルソン島 - 沈潜付近の様子
◆沈潜付近の様子


まぁ、それにしてもこの付近には、日本の戦艦などの沈没船がいっぱいあって、ダイビングの恰好のポイントになっているようです。

沈没船は、いわゆる戦争の爪痕で、アメリカによって沈められた日本の船です。その船がダイブスポットになっているのって、日本人としては複雑な気分になりますね。

WIKIによると、このコロン島周辺の沈没船スポットはフォーブス誌が選んだ世界ダイビングスポット・ベスト10の中に入っている。とのことです。

その他のGoogleMapsにUPした写真

上のGoogleMapで、コロンタウン周辺を拡大すると、黄色のピンが2つあります。一つは今回お世話になったローカルのアイランドホップツァー企画の窓口、もう一方は、前回お世話になったツァー企画(実は今回の場所にあったのが移転していた)の窓口です。

コロンタウン - 埠頭の様子
◆埠頭の様子
コロンアイランド - バンカーからのスナップ
◆プライベートビーチへ?
コロンアイランド - エルコンパスツァー
◆前回お世話になった


WIKI:コロン島

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA