(特に夜間の)アンヘレスへのバス移動は危険か?危険じゃないか?を真剣に考えた

危ない?危なくない?・・・えっと、多分どっちかです。(笑)

アンヘレスへのバス移動で、度々繰り返されるこの禁断の話題について、ほぼバスでしか移動していない私なりの見解です。何が危険か?危険でないか?なんて、その人の判断なんで明確な線引は絶対出来ないハズなんですが、ネット上で度々繰り返されます。

これね、危険とする基準も無いまま議論しても始まりません。

一般的に危険か?なら、ピリピン全土が日本よりは危険ですからね。フィリピンに行くこと事態がチョ~危険だし、バスも当然危険です。キッパリ!(笑

外務省 海外安全ホームページ (フィリピン) 危険情報・スポット情報・広域情報

インターネットの匿名掲示板において、質問する側も回答する側も、相手が見えない訳ですから、危険だとする言い分と、危険じゃないとする言い分が、全く咬み合わない事がしばしばあります。


ここでは、アナタにとって危険か?について考えてみます。

アンヘレスへバスで行く
◆ ダオ・マバラカット・バスターミナル 南方面行き

容姿で危険度が異なる

以前、在比の方に云われたありがたい言葉に、「フィリピンは、老人と障がい者には、優しくない国だから。」ってのがあります。特に外見が「”弱者”」は狙われやすい。「された/やられた」等の危険情報も、どんな人がターゲットになったのかが発信者側に欠落しているので、参考になりません。

語学力で危険度が異なる

英語のコミニケーション能力と、多少のタガログ語がしゃべれれば、危険度はグッと下がると思ってます。移動に関しては余り関係無いかも知れませんが、タクシーやトライの運ちゃんとの会話でカモ認定されないためですね。

実はアナタ自身が決めているマニラ空港からのイエロータクシーの値段

後は、旅慣れているかとか、色々な要素が加味されるわけですが、見えないあなたに、危険とか危険じゃないとか、アドバイスできるハズがありません。

でも、ここで終わるとアレなんで、シワの無い脳みそで、夜間にマニラ空港からアンヘレスに行く場合についてシーン別に考えてみました。

パサイのファイブスターバスターミナルで

先日書いた、”(関空)セブパシフィック+ファイブスターバスで初めてアンヘレスに直行してみた”では、関空発のセブパシフィックから初めて直行しましたが、国内線で夜間にマニラに到着したことは数回あって、そのまま直行したことはあります。

ターミナルは、深夜でもバス待ちの客がいますし、そこそこに明るいです。バスが停車していれば乗り込んで出発を待ってる人もいるので、突然、ナイフを突きつけられることも、暗闇に引きずり込まれるなんてマズ無いでしょうね。空港からタクシーで横付けするでしょうから、ここから出ることも無いでしょうし。。。

アンヘレス直行に推奨されるパサイのファイブスターバスターミナルの場所&動画

バスと高速道について

事故率は、日本のソレよりは高いでしょうけど、ホテルカーだって呼び寄せカーだって、それなりのリスクはありますって。ニッポンでも、フィリピンでも、たまには醜いバスの事故もありますよ。。。いちいち、気にしても始まらないので、自分が当事者にならないように祈るばかりです。

ファイブスターバスがアンヘレスに向かう途中でオカマした”ブログウマー”なネタ

ダオ・マバラカットバスターミナルで

ダオのバスターミナルは、各社のバスが乗り入れるそこそこデカイターミナルなので、深夜未明でも人はそれなりに居ます。ただ逆に広すぎるのでテキパキ歩いて、トライ乗り場まで移動しましょう。って感じですか。

ダオ・マバラカット・バス・ターミナル(North Bound / South Bound)の動画と場所
ダオ・マバラカットバスターミナルが拡張されて、えらいことになってました

トライシクルでホテルへ

車体の番号位は覚えておいた方がいいでしょうかね。変なとこに連れて行かれたって話はあるんでしょうか?よっぽど、狙われらすいオーラでもでていたのかな。としか言い様がありません。

大人の事情もちらほら見え隠れ ※以下妄想です

正規や非正規に、アンヘレスとマニラの送迎を請け負う個人や店舗、業者やその取り巻きの方々は、どうしてもバスが危険だとしておきたい事情があるっぽい。ネット上での、ありがちなフレーズとしては、頭ごなしに”安全は金で買うんだよ!この貧乏人が!”とか、”ネットで拾った比の高速バスの事故”や、”極稀に発生するテロ行為やバスジャック”を引用したりするパターン。どこの誰かは知りませんが、いつもご苦労さまです。

本日のディバ!
危険か?危険でないか?のエントリーなのに、一切そのことに触れていません。(爆

昼間に自分が納得できる回数こなした上で、夜間にトライするのがベターでしょうね。

このエントリーが、あなたの判断材料になれば幸いです。

私がバスを選択する理由は、誰かも言ってましたが「それも旅の楽しみ。」と思っているから。

そもそも、安ポク狩場(Fields)なのに、高い「銭こ」払って往復する意味が判らない。とは、天の声。

以下、2014年上旬のマニラ⇔アンヘレスのバスとタクシーの片道料金の比較です。

◆バス移動にかかる料金 (2014/02 130+114+100=344php)
 ・(イエロータクシー)マニラ(T3)空港 ~ パサイ5スター:P130
  ※T1、T2だと距離相応が加算される
 ・(バス)パサイ5スター ~ ダオバスターミナル:P114
  ※エアコン無し 有りだと、P150
 ・(トライシクル)ダオバスターミナル ~ フィールズ繁華街:P100
◆乗用車をチャーターした場合の料金 (3,000php)
 ・P3,000前後です

安全を金で買うって事より、時間を金で買ってるって人もいるでしょうね。少なくてもタクシーは、30分以上は確実に早く移動できますから・・・

Which do you like better, Bus or Taxi?

スポンサーリンク

あわせて読みたい

5件のフィードバック

  1. taro より:

    >私がバスを選択する理由は、誰かも言ってましたが「それも旅の楽しみ。」と思っているから。
      
    似たようなもので、自分がバイクで移動する理由は、「煩わしさの軽減」です(笑
     
     
    >アナタにとって危険か?
      
    危険て言葉の意味合いが抽象的なので、適宜考察すると「対処できない不測の事態の総称」のような感じですかね。
    不測の事態には、様々なカテゴリと事態の度合い・・・深刻度により構成されると思われるので、その結果が
    身体の健常・生命・・・普通の状態の維持、また個人の財産に及ぶような、深刻な損失(損害)≒危険って感じですね。
     
    この危険ってやつの軽微なものは、トラブルって区分になると思いますが、
    比国関連ネット上に喧伝される危険ってのは、「対処可能であるが不愉快な事態」程度のもの、つまりトラブル程度の事案が多い様に見受けられます。
     
    で、強盗、厄中、思想犯罪、交通事故等を除いた、人系の危険を考慮すると、
    金持ってない外国人が無目的に襲われるケースは少ないと思います(交通関係の警察官によるカツアゲ除く)。
      
    なお、比国で最も危険なのは、イケテルねーちゃんだ! と妄想しています(笑

    • Kuya Bozuri より:

      taroさん、
      フォローありがとうございます。
      イメージとしては、事故、犯罪等の命にかかわる事や、強奪等による物品・金品被害でしたが、このあたりを先に書いておくべきでしたね。
      ==
      イケてるねーちゃんに舞い上がって人選踏み外したい。www

  2. Sam より:

    私もバス派ですが、まだ夜遅い時間は利用した事がありません。
    安全は金で買え的なカキコミを良く目にしますが、何処にいても何をしても
    完璧な安全などあるはずも無く、自分の安全は自分自身で確保する物だと思います。
    自分で何かヤバそうな雰囲気をキャッチできる能力を磨く事が重要かも?
    安全のために導入された空港のイエロータクシーでさえ強盗に早変わりする現状ですから。

    バスの隣りの席に可憐なお嬢さんが座った時に旅の楽しみと危険を感じてます(笑

    • Kuya Bozuri より:

      >安全は金で買え的なカキコミ・・・
      買うのは現地に着いてビール片手に・・・からで十分ですよね。www

  3. Sam より:

    アハハハー
    はい、・・・からで十分です。
    因みになんですが、私フィリピンで危険を感じた事一度もありません。
    鈍感なのかな〜(爆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA