アユタヤー遺跡へバンコクのクルンテープ(フワランポーン)駅から[弁当付き]列車で行く方法

アユタヤーへバンコクから列車に揺られて行ってみた - 時刻表有り

バンコクからアユタヤまでは、およそ71Kmほどです。安く行く方法は、ロットゥー(ミニバス)と列車があるようですが、往路(バンコク⇒アユタヤ)は列車で、復路(アユタヤ⇒バンコク)はミニバスを選択しました。


ですので、このログはバンコクからアユタヤまので往路行程のログになります。まぁ、列車ですから、線路以外は走りませんけどね。w

項 目内  容
記録した人tani-p
記録した日2014年04月26日(土)
開始地点フワランポーン駅(=クルンテープ駅)
終点地点アユタヤ駅
移動手段汽車(とれいん)
移動時間約1時間37分 ※ログの記録設定ミスってちょっと変です
料金345バーツ
補足説明チケットを見ると、10:50発で、12:14着になってますね。1時間24分が1時間37分だったので大したもんです。
Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

※地図を拡大すると、ピン位置がさらに詳細に判ります。

アユタヤまでの列車の時刻表と料金など

このブログをアップするにあたり、少しググってみたら、この列車はSpecial Express(特急)でした。そりゃー、早いし高い訳だ。www

Ordinary(普通)/Rapid(快速)/Express(急行)/Special Express(特急)が、約30分~1時間の間隔であります。

バンコク~アユタヤの列車の時刻表は、http://www.railway.co.th/で確認できました。等級毎の料金なんかも確認できます。

料金の目安

列車種類料金備考
(日本語)(英語)
普通Ordinary20バーツ以下※エアコン無し
快速Rapid40~70バーツ程
急行Express250バーツ程
特急Special Express345バーツ※弁当付き ←この記事

フワランポーン駅とクルンテープ駅

宿泊地がBTSのナナ駅なので電車を乗り継いで、MRTフワランポーン駅に到着し、歩いてクルンテープ駅に行きました。

フワランポーン?クルンテープ?いったいどっちやねん。

以下、Wikiにより引用

ガイドブックによってはフアラムポーン駅あるいはホアランポーン駅と表記されている場合もある。厳密には、この名称は主にバンコク近傍で用いられる俗称であり、タイ国鉄での正式な呼称はクルンテープ駅である。

なんか、メンドクセー!(www

チケット売り場でアユタヤーまで行くと云うと、通路側がいいか、窓側がいいか聞かれたので、窓側と答えました。どうやら、シート指定のようです。

で、発券してもらったら、345バーツだと言われます。

ヲイヲイ、おばちゃん、「地球の・・・」によると、等級にもよるが1等でも66バーツって書いてあるぞ!

なんで、そんなに高いんだ!・・・って、3回聞き返した。www

おばちゃんは、困惑してたのでボッタクリでもなさそうだし、ここは暗黒フィリピン共和国でも無いので、良く分からなかったけど、言われるままに支払いました。

この駅は、改札が無かったのでびっくりしましたよ。つまり、誰でも列車のホームまで行くことができます。

フワランポーン駅
◆フワランポーン駅
クルンテープ駅
◆クルンテープ駅


で、発車まで20分位時間があったので、近場でヌードル食って乗り込みましたが、ホームが低くて列車が高いので、全くバリアフリーでは無いです。

15分~20分走ったところで、なんと、駅弁[弁当]が出てきました。あらら食事付きだったのね。そりゃー値段が高いハズです。まぁ、それでも高いけど。ハハハ。

アユタヤまでの列車
◆アユタヤまでの列車
アユタヤまでのチケット
◆アユタヤまでのチケット


左の青いカップがライスで、奥の黄色のカップがタイカレーです。で、氷入りの水と、右の手前の袋は魚のフライのお菓子でした。タイカレーは、普通に美味かったです。

アユタヤまでの列車内の様子
◆アユタヤまでの列車の様子
アユタヤまでの列車の駅弁
◆アユタヤまでの列車の駅弁


アユタヤー駅はこぢんまりした郊外の駅って感じでした。

アユタヤ駅の駅の様子
◆アユタヤ駅の駅の様子
アユタヤ駅の外観
◆アユタヤ駅の外観


アユタヤーからミニバスでバンコクのビクトリーメニュメント(戦勝記念塔)へ行く方法

本日のディバ!
海外で郊外行きの列車は初めてなので、頭の中では「世界の車窓から」の”ちゃぁらちゃっちゃ”のお馴染みの音楽が流れてました。www

ちょうど、その動画がYoutubeにアップされていました。これこれ!!これだわぁ~。まんま、自分の見た光景と同じだった。しかも、アユタヤではレンタバイクだし。アンタはオレか?じゃなくて、オレはアンタか?(笑

スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. ふぁんた より:

    古いエントリーに書き込みしてすみません。
    GWタイに行ってました。
    この記事を読まずに予備知識無しで行ったので全然違うクラスの電車に乗ってしまったようです。
    せっかくですのでボトムライン電車のレポートをします。
    電車は普通(最下層w)料金は15バーツ(2015年GW現在)座席は指定でした。
    エアコンと窓は有りませんでした。もちろん弁当も・・・プププ
    なにか黒部ダムのトロッコ列車を思わせましたw。

    特にチケットを指定しなかったのですが、一時間後の列車ネ・・・。
    出発時間の前には乗っておいてね・・・みたいなかんじでした。
    窓口で15バーツしか払わなかったので電車に乗ってからお金取られるのかな?
    とか考えていましたが、追加料金は1バーツも発生せず行けました。
    但し、時間もたっぷりかかりました。
    9:30発→11:30頃到着予定でしたが、きっちり1時間ディレイして12:30頃に到着でした。

    後で考えると「身なり」を見てチケットの種類決めやがったか~?
    とか思いましたが、そんなに汚い身なりでは無かったと思います。(あくまでも個人的w)
    しかし、かなりドMな人でないときついと思います。
    おかげで前日ソイカでオッパイもみまくって水着に小銭を挟んで帰ってきた分のお金が浮きました。
    ただ私はドMでは無いので帰りは迷わずロットゥーで帰りました。
    アユタヤは意外とよいところでしたので私もおすすめしたいと思います。

    クルンテープ駅の暇つぶしは道路を渡ったところにある、てっちゃん食堂(ホントはそんな名前では無いでしょうが)ヒントだけ書いておきますので興味もある人は探してください。多分みつかります。
    店主はタイ人ですが何故か日本語しゃべってました。安くて味もいけます。
    たまには使えそうな情報も書き込んでみます。
    ハバナイスデー

    • Kuya Bozuri より:

      古い情報でも広がる内容でしたらドンドン発掘して書き込みください。

      15バーツだけだったんですか?ナナ駅からトンロー駅までの高々数駅で25バーツですけどね。エアコン代が高いのでしょうか?(笑

      tani-p@スワンナプームのセブパシ機内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA