アユタヤー駅前でレンタルバイクを借りてアユタヤー遺跡を順に巡る[LOG付き]

炎天下の自転車は疲れると思う

アユタヤ駅を降りて、船で対岸に渡った先に、レンタルバイク屋があるのは、ネット情報で知っていました。


で、渡し船の方に歩いていると、ズラリとならんだバイクや自転車がありました。一応、レンタルバイクの値段を聞くと、200バーツだと云われます。

パタヤと同じだし、「まぁいいか?」と思い、アユタヤ駅前で素直に借りました。

パスポートと国際運転免許証を提示し、どっちかをコピーしていましたが、日本人とわかると、先に貸し出した日本人の運転免許証のコピーを見せてくれました。

そのコピーは、まんま日本の運転免許証でしたが、単なるIDとして渡したのか、日本の運転免許証でバイクを借りたのかは不明です。

アユタヤでは、日本の運転免許証でもバイクを借りれるんですか?モーマンタイですか?

でも良い子のみんなは真似しない方がいいと思います。

項 目内  容
記録した人tani-p
記録した日2014年04月29日(火)
開始地点アユタヤー駅前のレンタルバイク店
終点地点アユタヤー駅前のレンタルバイク店
移動手段レンタルバイク(スクーター)
移動時間約3時間20分 ※ログの記録ミスって少し精度が悪いです
料金200バーツ/日
補足説明アユタヤも200バーツでした。
GoogleMapでは、アユタヤ駅は雲に覆われてますが、バイクを借りた場所は雲が無いのでくっきりわかります。赤いピンの場所です。
Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

※地図を拡大すると、ピン位置がさらに詳細に判ります。

レンタルバイク屋のおばちゃんは、バイクのポケットに入っていた「くしゃくしゃになった不鮮明なA4サイズ程のコピーの地図」を広げて、ルートを丁寧に教えてくれましたが、コピーのクォリティが悪すぎて道がハッキリしてないので、ガイド本なんかを頼りにする方がいいと思います。

それと、満タン返しだったので、ガソリンの種類(確か、91だったかな、ガソリン入れるキャップにステッカーが貼られてた)と、おおよそのガソリンスタンドの場所を教えてくれました。川に囲まれたアユタヤ遺跡のある場所では、ガソリンスタンドは見かけなかった(あったかも知れないけど)ので、アユタヤ駅の東の大通り脇のガソリンスタンドで満タンにして返しました。

レンタルバイク屋
◆レンタルバイク屋


キーと一体化されたキーボックスを開けるプラスチックの六角形のヤツがユルユルでなかなかキー穴が出なかったです。

ちなみに、上の写真のバイクの前に停めてある「赤/黒」のバイクが借りたバイクです。

レンタル自転車もあるぞ!

アユタヤでの自転車のレンタルは、40バーツでした。地図上のログは4本のログをアップしていますが、私の走行距離は、およそ35Kmです。川に囲まれたアユタヤの中心部なら行けそうですが、やっぱ自転車はツライと思います。

特に、日本のゴールデンウィーク期間中は、タイは半端無く暑いので・・・。

早朝からゆっくり時間かけて回れば巡れない距離でもないかな?私は、ヤング(笑)じゃないので素直にバイクの一択です!

バンコクからアユタヤ遺跡へ - 往路と復路[LOG] (別窓で開きます)

アユタヤー遺跡へバンコクのクルンテープ(フワランポーン)駅から[弁当付き]列車で行く方法

アユタヤーからミニバスでバンコクのビクトリーメニュメント(戦勝記念塔)へ行く方法

レンタルバイクで巡ったアユタヤ遺跡 (別窓で開きます)

ワット・プー・カオ・トーン(Wat Phu Khao Thong)

ワット・マハータート(Wat Mahathat)

ワット・ヤイ・チャイ・モンコン(Wat Yai Chai Mongkon)

ワット・ローカヤースッター(Wat Lokayasutha)

ワット・チャイワッタネーラーム(Wat Chaiwatthanaram)

本日のディバ!
遺跡巡りは、それほど興味も無いので、単にレンタルバイクでアユタヤをウロウロした思い出が欲しかったダケです。

家族連れなら、途中で「エレファント・キャンプ-Elephant Trekking」象に乗って市街地を歩くツァーを挟んでもいいと思います。寝仏に向かう途中で見かけました。規模はパタヤと同程度でした。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA