IIJmio(みおふぉん)で楽天でんわとLINE電話を使い分けて2,000円運用だった件

みおふぉんにMNPしてほぼ2ヶ月が経過しました

とある、オヤヂの備忘録ですので、いちサンプルとして御覧ください。


やり取りはLINE(PCにもインストール済み)でほとんど事足りますし、SkypeやFacebookメッセージを補助的に使えば電話はほとんど必要ありません。ですが、未だにガラケー使いの友人もいるし、たまには電話もします。

会社と自宅には無線LAN(WIFI)環境があります。営業職でも無いので平日はほとんど会社から離れることはありません。

仕事柄ネットにどっぷり依存していますが、モバイルデータ通信を利用するシーンは余りありません。車通勤ですので信号待ち時にニュースアプリをチラ見する時や近所で昼食の時、又は週末の外出先からSNSやメールを使うのが主な利用シーンです。

みおふぉん[データ通信のみ]+(楽天でんわ or LINE電話)で、ザックリ2,000円/月での運用でした。(笑

そんな一ヶ月間の運用について、まとめてみます。

IIJmio(みおふぉん)の音声SIM付きプラン

IIJmio(みおふぉん)は、7月1日から音声通話機能付帯料が1,000円から700円に300円値下げされ、以下の料金プランになってます。

みおふぉんの3つの料金プラン
◆みおふぉんの3つの料金プラン (追記 2014.10.1)バンドルクーポンは現在2倍です


現在、私の契約は、ミニマムスタートプラン(音声SIMx1)と、ファミリーシェアプラン(音声SIMx1 + データ通信SIMx2)で運用しています。

まだ、旧料金の請求しかありませんが、これを、ミニマムスタートプランの新料金で計算します。

1.音声通話について

楽天電話の明細
◆楽天電話の明細

IIJmio(みおふぉん)から一切発信していません。そもそも、スマートフォンの電話アプリのリンク先を、楽天でんわにしているので間違ってIIJmio(みおふぉん)から発信することもありません。今ではほとんど掛ける事のない固定電話向けへの発信は、LINE電話で発信します。

■ IIJmio(みおふぉん)から発信する場合:21.6円/30秒
■ 楽天電話から発信する場合:10.8円/30秒 ※docomo/AU/SoftBankの半額
■ LINE電話[コールクレジット]:3円/分

つまり、ケータイ・スマホへ発信する場合は「楽天でんわ」を利用し、固定電話に発信する場合は「LINE電話」を利用しています。LINE電話は一応IP電話なので品質の悪い場合は、楽天でんわを使います。

2.モバイルデータ通信について

みおふぉんは、高速通信(LTE/3G)と、低速通信(最大200kbps)を、IIJクーポンスイッチ(みおぽん)アプリで切り替えることができます。

最初は喜んで切り替えして使っていましたが、今は高速通信の一択で切り替えしていません。

勝手にネットでやり取りするアプリは、その間隔を長めにするとかの対策はしています。これは、どちらかと言うとスマホやタブレットのバッテリー対策になりますね。基本的には使いたい時にアプリ内から再表示(再取得)です。

1GB2GB制限なんてモバイル環境でアプリのダウンロードやYouTubeとかの動画を見なければ、ほぼ超えることはありません。最近では、Facebookの動画投稿が勝手に再生されるので停止にしました。通信量の節約なんていくらでもできます。

ライン電話の明細
◆ライン電話の明細
みおぽんクーポンスイッチ
◆みおぽんクーポンスイッチ



※IIJmioのデータ通信の残容量も翌月に繰り越せます。8/5現在でほぼ倍のデータ通信量が残ってます。

1ヶ月のスマホ代

IIJmio(みおふぉん):¥1,728円←基本料金のみ
楽天でんわ:¥240円 (6回発信)
LINE電話:¥44円(44クレジット:キャプチャの一部) (5回発信)

合計 ¥2,012円 也

NTT docomoの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」

ドコモの料金シュミレーション
◆ドコモより抜粋

一応、お一人様プランで(2年縛りの)ドコモと比較しておきます。情弱で15年以上ドコモの養分様の方は、-600円/月になるようです。

6,500 * 1.08 = 7,020- (8%税込)

データ通信量を同じにする為に、ライトスタートプラン(2GB)と比較すると、

7,020 – 2,398 = 4,622 ← これが1ヶ月の通話料のボーダーラインです。

何も考えずに全て、楽天でんわを使った場合は、

4,622 / 10.8 ≒ 427 ← 30秒以内の通話が427回できます。

◆1分間以内なら、213回 (7回/日)

◆2分間以内なら、106回(3回/日)

◆3分間以内なら、71回(2回/日)

これ以上使うとドコモがお得になる訳ですね。

このドコモの新料金プランの契約者数が、600万件を突破したようですが、皆さんちゃんと自分の使い方が計算できているのかな?ヨケーな心配してしまいます。

そもそも電話って、相手の仕事を中断させるだけだし、後日、言った言わないの話になるので仕事なら絶対にやり取りが残るツールが良いですよね。

本日のディバ!
若い頃は無駄話も電話でしてたけど、今では緊急時の要件を伝えるだけのツールになりました。逆に無駄トークはアプリで十分だし。

参考サイト:
IIJmio
楽天でんわ(電話アプリ)
LINE電話
NTT docomo
※にわか仕込みですので間違いがあれば訂正します。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA