アンヘレスのゴーゴーバーのバーファイン(前/後)で、躓く2つの話を簡単にまとめてみた

ハッピーニューイヤー

遅くなりましたが、KIX2PHILファンの皆様、あけましておめでとうございます。このブログの汚れネタ担当(笑)の双子の弟のtani-qでございます。


今回は、アンヘレスのバーファイン(前/後)についての独り言です。別にアンヘレスに限った事でも無いのですが、面倒ですからアンヘレスの話題として投稿させていただきます。

1.バーガールがケッコーな頻度でバーファインの拒否をする

このサイトの「大人のアンヘレス辞典」にtani-pも書いてますので、その引用です。

レグラ 【れぐら】

和訳すると、生理だが、バーファインを断る時の言葉として度々用いられる。自分の呼ぶ娘さんは、レグラが多いんだよ。ってのは、そもそも自分の容姿を確認した方がいい場合が多い。これを事前に回避する手段は、貴方のペラ(銭)だったりする。本当に痛い人は、なら見せてみろ。と、詰め寄る行為もオッケー牧場。
プリメターの某店では、その印を付けている良心的なバーもあったが、今もあるかどうかは不明。

体(っていうかペクなんちゃら)が商品なのに何故に働いているんだ?って話だけど、アノ日でも普通に働いています。だから、アノ日で無くてもアノ日だと言うのが手っ取り早いBF拒否の口実なんですね。

出勤すれば日当やチップに加え、レディースドリンク、ピンポン拾いのキックバックが稼げるから。このあたりは、他国のフーゾク店とちょっと考え方が違うような気がするけど、どぉなんでしょう。

特にダブル・レディースドリンクのキックバックはほぼ日当に相当しますから、アンヘレスデビュー間もなくて、まだ手元にお金の無い娘がいたりします。

どっかのサイトで斜め読みしたんですが、部屋に到着するやいなや、「あれ?始まっちゃった。」なんてなのは、確信犯ですからね。アナタカンペキニナメラテマスヨ。バーに戻って返金させましょう。

閉店近い時間帯だと、スニークアウトの約束があったりもするでしょう。過去には、仕事が終わったら、XXXXちゃんの誕生日会なの。とか、今日は疲れたから。とか、さらには、明日は洗濯があるから。ってのもありました。

ナヌ!?「オレ様とのボンボン < 洗濯」 かよ!

ランドリーフィー上乗せするからと、みみっちい事言って詰め寄ったんですが、あえなく撃沈。枕濡らして寝ましたよ。www

さらに知人が言われて腹かかえて笑った拒否理由があったんですが、どうしても思い出せない。


◆ホテル SOGO(ソウゴ)の待合のクリスマス時の記念撮影場所には笑った


※本文とは関係無いのですがサムネイルが必要なので、写真を添えてます。

2.ショートでサクッと早帰りされる

アンヘレスでは、バーファインの金額が一律に同じなんですね。ショートとロング(オーバーナイト)の料金設定がありません。2015/01現在は、フィールズ界隈ではP2,500-P3,000で、ペリメタ界隈ではP2,000前後でしょうか。バーによって多少バラつきがありますが多分こんな値段ですね。

過去には、ロングが当たり前でしたが、ここ数年はショートがデフォ化されてます。

だから、アンヘレスでは、同じ値段なのにショートで早帰りされると、「もったいないオバケ」が出るって言われてます。同じ料金なら長く居てもらって数打たないとソンだと考える人に良く出るようです。(笑

最近では一部のペリメタ界隈のバーでは、ちっちゃな凸で数こなす半島人対策の為に、ショートとロング設定がある様にも聞いてます。

バーファイン前にロングをネゴってても、そんな約束なんて一回終われば忘れますって。でもね、たまにロングを約束させてバーファインするのもいいですよ。ショートで帰るって言えばチップ減額のいい口実になりますから。(おっと、ここだけの秘密です)

何が何でもロング希望な人は、2ランクぐらい容姿のレベルを下げて選べばいいんじゃないですか。なんぼなんでも、それはアカン娘だろって友人が言っても、自分的にはギリセーフな娘っていますからね。いや、むしろこの辺りがツツければ、あんへれすマニアか。(笑

滞在時間なのか?発射回数なのか?それとも満足度なのか?って話になると、人によって様々だろし、うまくマトメられないので今日はこのへんで・・・。

本日のディバ!
バーファインを拒否られたアナタのオモシロ体験談を禿募集中です。

(編集後記)
バーファインを拒否られないで、しかもロングにするマル秘テクがあるとすれば・・・、それは、「若いイケメン」のみ。キッパリ!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA