フィリピン人の憧れのボラカイ島に4年目4度目の日本人が訪問した率直な感想を纏めてみた

これまでの過去のボラカイ島の訪問歴

ボラカイ訪問は、初回:2006/01 / 二回目:2008/02 / 三回目:2011/05と、今回の2015/04 の4回目になります。

初回だけがホワイトサンドビーチのそれぞれのボートステーションに、バンカーボートをザザザーと乗りつけての訪問でした。ですから、当時のネット上でも入島(上陸)時には濡れるので、サンダルと短パンで行きましょう。なんて情報があちこちに掲載されていました。なんか、わざわざボラカイまで来たぜ!って感じの趣があって良かったです。


今回、ホテルに向かうトライシクルの中で運ちゃんと話すと、やはり2006年頃がボートステーションに降ろす最後の年だったようです。ただ、やはり初回の訪問時でもボラカイ島が近づくにつれ、なんなんだ?この喧騒は???今日は縁日か?と、思ったのを今でも鮮明に覚えています。

今回のボラカイ訪問で一番驚いた事

コリアンとチャイニーズのリア充どもが爆発してました。(笑

前回も増えたなぁ的な印象はありましたが、今回はマジ凄かったです。ボラカイ島がモンゴロイド系の人間ばかりでした。もちろん現地フィリピン人富裕層が多いのは確かですが、欧米系に人気のリゾートだったハズが、アジア人のリゾートになった感じですね。

フィリピン人以外の外国人の比率は、7割がモンゴロイド系アジア人で、残り3割が欧米系でしょうか?いや、もっとアジア人比率は高いか?(当社比)

少しググってみたら、中国人のフィリピン訪問が急増し、首都圏を除く人気スポットNO1がボラカイ島とありました。そりゃー、多いはずだわ。

ハッキリ言ってこいつら、ウルサイ。

それと、目障りなハングル文字が溢れてた。なんで、他国人が読めない文字を書き散らかすのか意味が判らない。

まぁ、ここまでは比率的な話ですが、実は絶対数も増えていて島内密度も凄かったです。ビーチロードが人で渋滞してましたから。www

ボラカイ島のホワイトサンドビーチでゆっくり過ごすなんてのはもう無理でしょうね。フライデーズ・ホテル辺りの端のビーチ前のホテルとか、他のプライベートビーチ前のホテルならいいでしょうけど。ボートステーション2なんて、新宿駅みたいですから。(笑

私の中ではカンペキに終わった島ですが、誘う同行者が喜ぶのでツイって感じです。

ボラカイ島のビーチロードの様子
◆ボラカイ島のビーチロードの様子


日本のゴールデンウィーク期間でのボラカイ島

ホワイトサンドビーチのビーチ際にはアオコがスゴい。ホワイトサンドビーチが緑に覆われて映えること、映えること。(笑

ただ、背の付く沖合まで出れば少なくはなります。

これだけ開発し尽くされ上に、さらに開発されているのでインフラが追いつかず、一部は海に流れ出し海が富栄養化しているんだと思います。季節にもよると思いますが、毎年多くなっている印象です(個人の感想です)

あと、ボラカイ島に限った事でも無いでしょうが、この時期のフィリピンは日差しがハンパない。ギンギンギラギラが突き刺さります。塗るUVプロテクションなんて役に立ちませんから、ラッシュガードとか着て日焼け対策を万全にした方がよろしいかと。

聞き耳たてて日本語を喋っているのを聞いてましたが、滞在5日で10組にも満たなかったです。

日本のゴールデンウィーク中はアオコがスゴい
◆日本のゴールデンウィーク中はアオコがスゴい


ボラカイ島のウィリーロック周辺のアオコの様子
◆ボラカイ島のウィリーロック周辺のアオコの様子


泳ぐなら早朝や夕暮れ

6:30amに起きてクワッドコプター持って飛ばそうとビーチに行ってみたら、もう既にメニーメニーピィープル状態で笑いました。フィリピン人も日焼けを嫌うので、早朝に泳いだりしてるんですね。

ボラカイ島のトライシクルは一律価格

旅行者向けに統一されていますね。交渉の余地なしって感じでした。ボートステーション1~3までは60phpで、港までは100php、少し離れた場所までだと、150phpでした。

なお、レンタルバイクは1mmも期待してはいけません。

ボラカイ島のネット事情

ホテルのWIFIも無料なんですが、チョーがつくほど遅いです。私はSmartの7日間LTEプランがあるので、そっちを優先して使ってましたが、こちらもダウンしていることがありました。ただ、ボートステーション2に宿泊してた際に、時々LTEを掴むことがあったんですが、その時だけは早かったです。

初めてのカリボからの移動

直近まで仕事が忙しく、移動について情報を仕込んで無かったんですが、やはり人だかりのある受付カウンターに行って手配しろ。ですね。特に、帰路時は、ボラカイの対岸からのバン移動で待たされる場合もあります。今回完璧にエアーに遅れるかと思いました。

夜はやっぱりファイアーダンス

前回もそうだったんですが、今回も夜の花型ショーでした。ただ、少しアップグレードしていたのは、グループだったり女性だったりしていたことかな。

後で、同行者のフィリピン娘に聞くと、あれはバクラ(おかま)だと言われました。まだまだ、フィリピンの修行が足りてません。(笑

ナイトライフ

漢は黙ってココマンガス逝け。デメリットがメリットになってる!www

本日のディバ!
結論は、コリアンとかチャイニーズにまみれて過ごしても問題ない人や、白い砂を染めるアオコがスキな人は、どうぞボラカイ島へ。って感じです。

一部は、今回の記載内容をさらに盛って、ボラカイ島の残念っぷりを後日個別にエントリーします。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA