スワンナプーム国際空港からパタヤにエアポートパタヤバスで行く方法向2(ログ付き)モトサイ編

バスを降りてモーターサイ(バイタク)に乗った

エアポートパタヤバスを降りて、キョロキョロしてみたんですが、ソンテウは無かった。

仕方なく、バイクの運ちゃんに、ビーチロードのソイ13まで幾ら?って言ってみたら、150バーツだと言われた。さっき乗ってきたバンコクからのバスが、130バーツなのに。。。


って、これは、フィリピンのゴーゴー街に行くのにバスからトライシクルを利用する行程の料金と同じ感じで笑えた。

一応ボソボソっと、耳元でささやきながら2人に聞いたんですが、同じ値段だったので諦めた。100バーツで行けない理由は遠いからだと・・・。

ハードトランクの5~6日分だったので、ケッコーな大きさなんですが、運ちゃんと自分との間に挟んで移動した。

帰国して、このGPSログをみたら、[NO2]セントラルパタヤで無く、[NO3]のサウスパタヤの方が近い気がした。(笑

項 目内  容
記録した人tani-p
記録した日2015年05月02日(土)
開始地点パタヤのセントラルロードとの交差点付近
終点地点ソイ13のホテル(イン・ハウス)前
移動手段モトサイ
移動時間約13分 ※距離は、4.4KM
料金150バーツ
補足説明どんだけ裏道やねん。って感じです。こんなのGPSが無ければ何処を走っているのかサッパリ判りませんね。
Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

※地図を拡大すると、ピン位置がさらに詳細に判ります。

セントラルパタヤロード・インターセクションの様子

セントラルパタヤインターセクションと呼ばれる場所(1)
◆セントラルパタヤインターセクションと呼ばれる場所(1)


パタヤのバス降り場マップ
◆パタヤのバス降り場マップ


空港でバス乗車時に貰った紙切れ

チケット購入時に貰った紙切れ(表面)時刻
◆チケット購入時に貰った紙(表面)時刻
チケット購入時に貰った紙切れ(裏面)降り場
◆チケット購入時に貰った紙(裏面)降り場


以下がこの行程の前のバス移動です。バンコクのスワンナプームからの移動です。
スワンナプーム国際空港からパタヤにエアポートパタヤバスで行く方法向1(ログ付き)バス編

本日のディバ!
運ちゃんと自分との間にトランを挟む作戦が勉強できたので、帰路時のノースパタヤ・バスストップまで、モトサイに跨がり当たり前の様に同じことをした。以前はソンテウ貸切で、200バーツ払った記憶があるけど、今回は、ソイ5から乗って100バーツ出したら20バーツお釣りがあってちょっと得した気分が味わえた。これでまた一つ授業料を払って学習できた。(笑
スポンサーリンク

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. kaz より:

    スーツケースを持ってバイタクに乗るのは危険なので、次回も同じ場所(Soi13)に行かれたい場合はパタヤカーン(セントラルRd.)やパタヤタイ(サウスRd.)の交差点で下車するのではなく、ジョムティエンのバス停(終着)まで行き、そこからソンテウに乗ってパタヤタイ(サウスRd.)とサイソン(セカンドrd.)の交差点に行くのがベストですね。
    ジョムティエンのバス停(終着)からは10バーツで行けますし、安全です。パタヤ行きのソンテウは頻繁に出ていますのでそれほど待たないと思います。
    http://mitsuo-thai.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14900403
    http://pattayalife.net/archives/2334

    パタヤタイ(サウスRd.)とサイソン(セカンドrd.)の交差点まで辿り着ければ、ノースパタヤ方面でもブアカオ方面でもパタヤカーン(セントラルRd.)方面でもパタヤタイ(サウスRd.)方面でもソンテウを乗り継いで行けます。
    乗り継ぎが面倒な場合はソンテウをチャーターするしかないですが、半径1km圏内であれべ100バーツでOKしてくれます。
    バイタクは持ち場が決められており、そこからエリア毎に料金が内々で決められていますが、これも交渉次第で下げられます。
    http://livepattayainfo.com/LPI-04.html

    • Kuya Bozuri より:

      ジョムティエンまでは、レンタバイクのチョイ乗りで、1トリップで2日ほどこのビーチ前を通ります。行き過ぎて戻るって感覚が無かったので、目からウロコですね。随分前に逆ルートでジョムティエンまでも行ったこともあるので、これも良いかもです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA