スケルトンレック(再訪)は舳先の部分には潜って触れる - コロン・パラワンのアイランドツァー(その2)[2/6]

Sleleton Wreck – CORON PALAWAN

コロンは、戦争下の日本の沈船が浅瀬にケッコーな数があり、そんな場所がダイバーに人気らしいです。

このスケルトンレックは舳先が浅瀬にあってシュノーケリングでもハッキリと確認できます。潜れば、タッチもできます。

船体にはサンゴのようなものもびっしりと付着していて時代を感じますが、骨格だけの船の残骸なので、まぁそれだけのスポットです。ダイバーは必ずいてブクブクをあぶくをたてながら周辺を泳いでいます。


停泊中の別のバンカーのツァー客が、パンくず撒いてましたが、オヤビッチャらしき魚が群がってました。

スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(1)
◆スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(1)


スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(2)
◆スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(2)海面から撮影しました


スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(3)
◆スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(3)潜って撮影しました


スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(4)
◆スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(4)


スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(5)
◆スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(5)


スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(6)
◆スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(6)船体側面1


スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(7)
◆スケルトンレック-コロン・パラワンのツァー(7)船体側面1


30~40分程度泳いでココを離れました。

本日のディバ!
アベちゃん、コロンから全部の沈船を引き揚げてくれないかな。日本の沈船がダイビングの見世物になっていているのがマジでアコ、ココロイタイ。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA