フィリピンで困窮しないように”この世でいちばん大事な「カネ」の話”(Kindle本)を読んでみた

11月の渡比が中止になり・・・

APECの影響(+ダメ出しのパリのテロ)で、セブパシがフライトキャンセルを突然言い放ち、毎年恒例の11月のアンヘレス詣が中止になってしまいました。

でもって、ちょっとした”天使の街ロス”症候群を患っている今日この頃でございます。www


皆様、いかがお過ごしでしょうか。

フィリピン共和国とワランペラな困窮邦人はサシミとツマの様な関係ですので、今回読了した”この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川書店)”にフィリピンをこじつけてみました。w

某有名ブロガーが推奨していたので、また乗っかってKindle本を購入しただけなんですけどね。しかも2011年の発刊なので、レビューは至る所にある。(笑

天使の街ロス患者には、この手の本はなんかシックリきて久しぶりにど真ん中な人に出会ったような気がしました。・・・年末年始はこの人の本を読み倒してみようかと思ってます。

この世でいちばん大事な「カネ」の話
◆この世でいちばん大事な「カネ」の話


西原理恵子と云うアテローラ(笑

買った本は、高知県出身のサイバラさんの以下の本です。

マンガもチラ見したことあるし、映画になったことも知ってましたが、どちらかと言えば女性寄りな感じがしていたのでカンペキにスルーしていました。

ですが、この人はカナリ破天荒なスゴい人だったんですね。

詳しくはWIKIにある。(笑

WIKI:西原理恵子

  • お腹の中にいる時に親が離婚し本当の父を知らない。とか・・・
  • 幼少時の港町には野良ペン(野生のペンギン)が居た。とか・・・
  • 飲酒で女子校退学になり高校を訴えた。とか・・・
  • 地元の卒業時のお祝いがシンナーの一斗缶だった。とか・・・
  • 美大の受験日に義父が自殺した。とか・・・
  • AVの挿絵にズラズラ文章を書いていてメジャーデビューした。とか・・・
  • 麻雀の執筆時に自身がカケ麻雀に嵌りX000万負けた。とか・・・
  • FXの執筆ではさらに(ry。とか・・・
  • 旦那がアル中になり離婚し、さらにガンになり看取った。とか・・・
  • 鳥頭紀行。とか・・・ ※鳥頭とは3歩歩けば忘れるの意味だとか
  • できるかな。とか・・・ ※現在はクラウドファンディングでラッピング電車を企画中
  • 5時に夢中!MXTVを「お◯んこ」発言で降板。とか・・・
  • 現在の彼氏は、高須クリニックの院長です。とか・・・

このブログ書いてるおじさんは何もかも知らんかった!LOL

画風は蛭子能収のヘタウマですが、最近は「どおくまん」化していると本人も言ってるようです。

漫画家ですが、この本はマンガ本ではありません。言葉使いや言い回しがウマイと気づく一冊です。

40代以降じゃないと心に届かないと思うのでこのブログに訪問してくれている層にはピッタリです。w

公式サイト:西原理恵子公式サイト*鳥頭の城*

本日のディバ!
アンヘレスマニアで天使の街に行った気になって楽しませていただいてます。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA