アンヘレスのバーではどんなショットドリンクが飲まれているのかアルコホールが苦手な私(笑)がレポートします

アンヘレスで酔いたいキミへ

アルコホールが苦手って言うか、殆ど古典落語の”まんじゅうこわい”の話です。www

ぼっち飲みも旅の半分位はあるので、自分自身がテンション上げたい時にオーダーしてます。ニッポン人がこの手のショットドリンクを飲んでるのは余り見かけませんね。

まぁ、目的が目的なので仕方ないか・・・(大笑


テキーラガールとテキーラ

アンヘレスの大型バーにはテキーラのボトルを持ってバー内を徘徊するテキーラガールがいます。彼女たちがススメるのはもちろんテキーラですが、(甘い)テキーラローズの時もあります。アンヘレスに限らずですがフィリピンではテキーラをオーダーするともれなくカラマンシーがついてきます。バー娘はテキーラにはカラマンシーを絞って飲んだりしますが、全く別の飲み物になり不味いです。良い子の皆んなは真似しないように。

テキーラガールに奢れば、ボディショット(←知らない人はググッてください)なんかもしてくれます。アンヘレス初心者の余興にはおすすめです。

尚、塩やライム(フィリピンではカラマンシー)を先に口に含むのは唾液で強い酒を薄め、喉を保護する為とかしないとか。

サンブーカ・ホワイト / ブラック (Sambuca)

最近ではドールハウスグループのプールパーティでも、(スポンサードしているのか)ミスサンブーカの水着コンテンテストも開催されているようですね。

数年前ですが隣席で欧米人が飲んでいるのを見て、ウェートレスにアレ何?アレ頂戴。って頼んで、その後に定期的にオーダーしてます。サンブーカにはホワイトとブラックがありますが、ブラックの方が好きです。

サンブーカとは、リキュールに分類される混成酒である。サンブーカには、大きく分けて従来の無色透明のサンブーカと、新しく登場した黒色のオパール・ネラと言うサンブーカとの2種類(2銘柄ではない点に注意)が存在する。原料の1つにエルダー(Elder)を用いた、イタリア特産のリキュールとして知られている。

WIKIより:サンブーカ

ビーフィフティツー(B-52)

これも、有名なドリンクですね。火をつけてストローですすったり、そのまま飲んだりします。

カルーア、ベイリーズ、グランマルニエの3層の甘いカクテルです。

アンヘレスのバーで飲むショットドリンク(B52)
◆アンヘレスのバーで飲むショットドリンク(B52)


イエーガーマイスター(Jägermeister)

ショットドリンクでカスタマーがオーダーするドリンク教えて、って言って古参ウェートレスに考えさせてオーダーしました。ドイツ人は普通に注文して飲んでるようです。

アンヘレスのバーで飲むショットドリンク(イエーガーマイスター)
◆アンヘレスのバーで飲むショットドリンク(イエーガーマイスター)


イエーガーマイスター(Jägermeister)とは、ドイツ産のリキュール銘柄である。アニスや甘草など、実に56種類ものハーブが使われている。アルコール度数は35度、エキス分は15.7%、濃い赤色をしている。

WIKIより:イエーガーマイスター

カミカゼ(KAMIKAZE)

これも、アンヘレスのバーのドリンクリストには必ずあるほどポピュラーです。アンヘレスはカミカゼが飛び立った地だからでしょうか。

レシピは何種類か確認しています。この時はオレンジ味でした。

アンヘレスのバーで飲むショットドリンク(カミカゼ)
◆アンヘレスのバーで飲むショットドリンク(カミカゼ)


そんなこんなで、夜はふけていきます。

たまには奢るシングル・レディースドリンク
◆たまには奢るシングル・レディースドリンク


[番外] カクテル(マルガリータ)

こちらは、フィールズの老舗バーのラバンバにあるフローズン・マルガリータです。数人で訪問した場合にオーダーするといいですね。ピッチャー(写真奥に写ってます)で、5~6杯分あります。375phpですから1杯あたりのコスパはいいです。

カクテル(フローズン・マルガリータ)
◆フローズン・マルガリータ
(フローズン・マルガリータ)頂きもののサービスショット
◆頂きもののサービスショット


マルガリータ(Margarita)とは、テキーラをベースとするカクテルであり、スペイン語の女性人名である。元々の語源は、ギリシャ語の margarite (真珠)から。

WIKIより:マルガリータ

本日のディバ!
酒と女が大好きでぇ~、の柳ジョージの「酔って候」のフレーズがドンピシャなアンヘレス。www
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA