(ボラカイ旅行記)バンカーボートで巡るアイランドホッピングとボラカイからの帰路、そして滞在の総括

このエントリーはUkonさんの投稿によるものです。

ボラカイのアイランドホッピングへ

翌日、ホテル隣のダイブショップに8:30に集合し、9:00にアイランドホッピングツアーに出発です。
残念ながら、小雨も時折ぱらつき、風が強いため、プカシェルビーチは中止、それ以外の場所の時間を増やすといわれました(残念)

ホテルの人に聞くと、乾季とは言え、こういう天候不順の日もたまにあるとか、日本と違って、一日中じゃなくて、日が差す時間もあるのが救いですケド。
1泊、2泊じゃ、天気が悪いときに重なると、楽しさが半減しちゃいますネ。

(2月以降は天候不順も更に少なくなるということでしたが、その分、緑藻が一気に育つようですから・・・それはそれで)

ボラカイでのアイランドホッピング(1)
◆ボラカイでのアイランドホッピング(1)


アイランドホッピングツアー、基本は管理人さんが投稿されている通りのツアーでした。
シュノーケリングポイントにはそれなりのサンゴとお魚ちゃんはいたので、買って来たパンを与えて楽しみました。
昼食は同じく基本的なピリピン料理のビュッフェ形式で、簡素なw建物で頂きます。
食事は追加のオプションなんかも出来ませんので、昼食がショボイと思われる方は、チャーターとかの方がいいかも知れません。

ボラカイでのアイランドホッピング(2)
◆ボラカイでのアイランドホッピング(2)


ボラカイでのアイランドホッピング(1)
◆ボラカイでのアイランドホッピング(3)


二日の夜は、相方がコリアン料理を食べたいと言うので、Dモールのビーチ側から少し南に歩いた所の、ソウルレストランに行きます。
ここも、ビーチに机を出していて食べることが出来ました。
味は普通といったところ。

ボラカイサンドキャッスル(夜)
◆ボラカイサンドキャッスル(夜)


ボラカイからの帰路

最終日、昼前にチェックアウトし、トライシクルで港まで出ます。125P
往路と同じく、港でバンカーボート代、ターミナルフィーを払って、乗客データシートを渡されます。(環境税が無いだけ)
乗り込む流れもまた同じでカティクラン港、そしてトライシクル(50P)に乗って、空港へ戻ります。
帰りもセブパシなんで、Webチェックインして、チェックインカウンターに行きましたけど、2つしかカウンターが無かったwww
帰りもジェットでT3まで1時間程度で無事マニラ空港T3へ到着し、初ボラカイ観光も無事終了です。

カティクラン空港のセブパシのチェックインカウンター
◆カティクラン空港のセブパシのチェックインカウンター


<まとめ>
初ボラカイでしたが、総評的には悪くありませんでした。
動機になった

  1. 基本、海が好き。
  2. まぁ、一度はボラカイ。
  3. 情報がそれなりに出回ってるから比較的お気軽に行ける。
  4. 未だフィリピーナにとってステータスの場所。

については満足できましたし。

飛行機もジェット化してますます行き易くなるでしょうね。

で、再訪はあるか?・・・これは微妙です。
条件がちょっと厳しいんで・・・。

  1. ターゲット期間が11月~1月一杯。
  2. 乾季だけど、天候不順を考えると3泊以上はしたい。
    ③今回の様に、春節と重なり中国人だらけというのは勘弁。
    となると、都合よく休みが取れずでスグにはいけないな~というのが正直なところ。

    だらだらとした文章にお付き合い頂きありがとうございました。m(_ _)m

    本日のディバ!
    Ukonさん、ありがとうございました。

    春節で無くても中国人はメニーメニーです。ボラカイ島そのものがチャイナタウン化してます。

    ザックリと観光客の割合は、中国人70%、フィリピン人15%、欧米人10%、その他5%って感じでしょうか?

    日本人比率は、その他の中の1%未満かな。

    多謝! 笑)

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA