2019年2月渡比日記 – やっとクラークのアクアプラネットへ行ってきた

アンヘレス日記

いつものように、オッサンのポエムです。

一週間ばかりアンヘレスで過ごしました。

記憶の記録として渡比日記は、いわゆる毎回の旅の頭出しの投稿ですが、ケッコーアクセスがあるんですね。なんでだろ?まぁいいけど。笑)

スポンサーリンク

クラーク空港へはジェットスターの直行便

関空ークラークはジェットスターで
行き帰りは、いつものように大阪/関空-クラーク空港直行の(僕たちの幸せの)ジェットスターです。ジェットスター・アジアの運行だったと思いますが、このジェットスターアジアは往復共に機内持込み手荷物の重量検査は無しでした。預入れ手荷物があったからかな。

復路はなんと2時間50分で関空に着陸しました。機内放送では1時間ちょっと早く到着しました。エヘベロッって感じでアナウンスがありました。笑)

クラーク空港とアンヘレス間の移動

クラーク空港とアンヘレス・フィールズ周辺間の移動については、(エアコン/一般の路線)ジープニー、(空港ボッタクリ/ホテル)タクシー、そしてGrabカーがありますね。※たまに間違えている人がいますが、Grabタクシーではありません。

一般の路線ジープニーについては、往路復路ともに過去に詳しく投稿していますので、以下を参考にしてください。ジープニーは少し値上げがありましたが、恐らく20ペソ/片道は超えていないでしょう。

エアコンジープニーについても過去に何度か投稿していますが、クラーク空港ビルを出て右手のフェンス沿いに歩き、白いジープニーに乗るだけです。フィールズのメインゲートまでは、50ペソです。

”クラーク ジープ” でサイト内検索すると投稿があるので参考にしてください。←サイドバーに検索窓があります。

と、ジープニー移動も散々してきましたが、狭いジープニーに押し込まれて窮屈に移動するより、Grabカーで悠々と移動した方が楽ちんなので最近ではドアTOドアのGrabカーの一択です。

行きはSIMにロードが無くてGrabカーブース(/デスク)で手配してもらいました。その際に電話番号を聞かれたので告げておくと、Grabから手配されたタクシーのナンバープレートの情報等がSMSで着信しました。5分で到着する旨が着信していましたが、実際に会ったのは10分位かかりました。クラーク空港もマニラのターミナル3の様にBAYnがあるんですね。BAY1で待つように書かれていました。

帰りは早朝の4:45am頃に、ホテル前からチェックアウト時の部屋の確認中にGrabアプリを立ち上げて呼びました。こちらも5分で来る旨の表示がありましたが、実際には3分ほどで到着し少し待ってもらいました。車種はトヨタ・アクア、ホンダ・フィット、日産・ノート系のコンパクトカーでした。

往路:185php (220) ※サマールから出稼ぎにきたマジメな若いニーチャン
復路:175php (200) ※なんか親戚の人に送ってもらった感覚でした

過去には200phpを少しオーバーする運賃表示もありましたが、一人でも負担になる金額でも無いのでGrabカーで全く問題がありません。

関東圏にお住まいの方々には大変申し訳ありませんが、ほんとマジでクラーク直行便は幸せです。早く、成田や羽田からクラーク直行便ができれば良いですね。(棒読み)

アンヘレスの滞在ホテル

前半は、リーシャン ヴィレッジレジデンシズ(Rishan Village Residences)へ、後半は、チョー久しぶりに DM レジデンス ホテル (DM Residente Hotel)に宿泊しました。

リーシャン ヴィレッジレジデンシズ(Rishan Village Residences)

アンヘレスの滞在ホテル(リーシャン ヴィレッジレジデンシズ)
リーシャン ヴィレッジは、初滞在となりましたが狭いながらも新しくてオススメです。ただ、WIFIはちょっと残念でした。

AGODA: リーシャン ビレッジ レジデンシズ (Rishan Village Residences)

DM レジデンス ホテル (DM Residente Hotel)

アンヘレスの滞在ホテル(DM レジデンス ホテル)
DM レジデンス ホテルは、スーペリアルーム指定でしたが、WIFIどころかケータイの電波(通話、モバイル)すら途切れ途切れで、更には外窓の無い部屋で最悪でした。

AGODA: DM レジデンス ホテル (DM Residente Hotel)

ホテル滞在記は、別途で詳しく投稿します。

初めてのアクアプラネッツ

アクアプラネッツ アンヘレス・クラーク エントランス
去年(2018)の9月と11月にクラークのアクアプラネッツに行こうと考えていましたが、まさかのクローズでした。やっと、今回行くことができました。

移動はレンタルバイク利用だったので、行き方、帰り方については投稿できませんが、内部の状況などは後日詳しくレポートしたいと思います。

アクアプラネッツ アンヘレス・クラーク 波の出るプール付近

エントランスは、ほぼ1,000php/人かかるので利用料としては、かなり割高ですが施設が新しいうちに1回は行く価値はあると思います。

こんな施設に1人で行くことは無いと思いますが、2人より4人が絶対に良いです。4人でしか乗れないスライダーも楽しそうだったので・・・。

ただ、一番良かったのは、ほぼ直角に滑り落ちて一回転するスライダーでした。一人で楽しむものですがカプセルに入った後に、足元の板がパカっと開き落下します。

体力も飲力も衰えてきた

はっきり言って「寄る年波には勝てぬ」をジワジワと実感しています。疲れやすく酔いやすくなってきましたね。

何度か書いてきましたが、元々が「パコパコ作業命!」って感じでも無いので、今後は更にまったりと遊んでみようと思っています。

昼間からペリメターのバーで、レッドホースをガンガンやっつけてたらバーから「もう在庫無くなった」と言われましたよ。
ペリメターのバーで酔う

関空のプライオリティスレストラン – ぼてぢゅう

いつものようにPP-KOJIKIとしてプライオリティパスの飲食最大の、3,400円にトライしてきました。2円だけオーバーしましたが都合5回中で、一番ニアピンとなりました。

関空のプライオリティパスレストラン(のてぢゅう)料理
関空のプライオリティパスレストラン(のてぢゅう)レシート

フィールズ(ウォーキングストリート)の道路改修作業

ついこの前に新しくしなった、と思ってましたがブルドーザーで路面を剥ぎ取ってましたね。改修後はせめて水たまりが出来ないようにしてもらいたいけど、フィリピン人には無理かな?笑)
フィールズ(ウォーキングストリート)の道路改修作業

(追記)アンヘレスのバーの雑感

コリアン系のバーの台頭でどんどん飲み場が少なくなってきました。あのドレス姿が未だに馴染めません。

更にコリアン系のバーは喫煙もユルユルになってきた感がありました。

フィールズのBFも3,500phpになりLDも350php になったバーもありました。4,000php代のバーもちらほら聞こえて来ました。

ペリメターでさえ3,000phpになったとか。

食事は朝は余り食べませんが、フィリーズやスイスシャレー、昼はユフインさんやファストフード店、夜はコリアン系のレストランが多かったです。

ジェットスターがクラークに就航して日本人の(明らかに旅行者の)若いアンちゃんも見かけるようになりましたが、なんだんだろカレらは。若いうちは、こんな地に来なくても選択肢はいくらでも有るのに・・・。

コメント