アンヘレスからの帰国日に選択したレッドドアーズ プラス アット ベニテス クバオ【宿泊記】

この記事は約4分で読めます。

レッドドアーズ プラス アット ベニテス クバオ (RedDoorz Plus @ Winter Benitez Cubao)

レッドドアーズ(外観)

レッドドアーズ プラス アット ベニテス クバオに滞在しました。滞在と言っても半日弱で宿泊はしていません。

12:00pm頃に到着しチェックインできるか問うと、2:00pmにならないとダメだとのこと。あらら。

チェックインの手続きだけしてトランクとディバッグを預けて、フィリピン免許証更新の為にケソンに出向きました。

それにしても、ここ数年でレッドなんちゃら系のホテルは良く目にする様になりましたね。

トランジット目的(荷物置き場兼仮眠)の場所としてAGODAサイトを物色し、宿泊費が安い事を第一優先で検索していました。

スポンサーリンク

ありましたよ!AGODA予約のカード払いコミコミ、JPY1,286ポッキリ!安い!

しかも、比較的設備も新しいし何の不満もありませんでした。

このクバオ辺りにも、オジサンの大好きな夜遊び徘徊処があるようなので、そんな場所で遊ぶなら、このホテルのチョイスは良いんじゃないですか。

ホテルには、レッドドアーズウィンターホテルとでかでかと書かれていて、ホテル前でポカーン!状態になり、ガードマンに確認するハメになりましたが、予約したホテルに間違いないとのことでした。

部屋は3階でした。廊下の様子です。

レッドドアーズ(廊下)

部屋タイプはレッドドアーズ ルーム

部屋タイプはレッドドアーズ ルームでした。フィリピンで有名はホテルソゴー(SOGO)の様な狭い感じと言えばわかりやすいでしょうか。カードキーで使い勝手も良かったです。

テレビのリモコンにコードもありません。(←わかる人にはわかるネタ)

ミネラルウォーターも2本完備です。

レッドドアーズ(ミネラルウォーター)

ソゴーと同じく外窓はありませんし、セキュリティボックスもありません。

レッドドアーズ(ベッド)

テレビはチェックしていないのでソゴーの様に日本のアダルト系チャンネルがあったかどうかは確認していません。

レッドドアーズ プラス アット ベニテス クバオ (RedDoorz Plus @ Winter Benitez Cubao)の空室&料金を確認

テレビは壁掛けの小さ目の液晶です。エアコンは一体型ですね。このタイプは少し煩いのは仕方ありません。エアコンのリモコンは無かったハズです。

レッドドアーズ(テレビ&エアコン)

洗面+トイレ+シャワーが近いのもソゴーの様な感じです。シャワーを浴びるとビショビショになります。

室内履きのスリッパ(ソゴーはビーサン)は記憶に無いので無かったような気がします。

レッドドアーズ(洗面&トイレ)

アメニティは、黒いケースにあってなかなか感じが良かったですね。これ、持って帰れるのなか。

レッドドアーズ(アメニティ)

スポンサーリンク

ルームサービスメニュー

これまた、ソゴーの様にルームサービス向けのメニューは充実していました。これだけ選択できれば問題ないでしょう。

30分で持ってくるとは書いてませんけど。(←わかる人にはわかるネタ)

レッドドアーズ(メニュー1)
レッドドアーズ(メニュー2)

※メニューはクリックで拡大します。

最近4GLTEで問題なく通信できればWIFIを使用する機会は少なくなったので、WIFIの通信環境は確認していません。セキュリティの観点からむやみにWIFIは使用しないことにしてます。

レッドドアーズ プラス アット ベニテス クバオ (RedDoorz Plus @ Winter Benitez Cubao)の空室&料金を確認

フロント横にはドアがあります。部屋に行くにはこのドアを通るわけですが、やっぱりソゴーと同様にこのドアの開閉はフロントのスタッフに言わないといけません。つまり、勝手にホテル外に出ることはできません。

滞在後に、クバオ駅からエドサ駅に向かいマニラ空港に行きました。

マップ(地図)

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました