プライオリティパスが使える成田国際空港(ターミナル1)のKALラウンジでサクッと昼食を食べてみた(関空のKALラウンジとの比較も)

この記事は約4分で読めます。

成田国際空港のコリアンエアーラウンジ(KALラウンジ)について

成田ターミナル1のKALラウンジについて(ラウンジの様子)

成田国際空港のターミナル1で使えるプライオリティパスラウンジ(KAL ビジネス クラス ラウンジ)のレポートです。

このブログの中の人は、ブログのタイトルにもあるように関空(KIX)使いなので普段は関西国際空港を利用しています。

ANAのマイレージが期限切れになるとのメールに促されてANAマイレージを利用して地元空港~羽田(リムジンバス経由)で成田と乗り継いで成田国際空港(ターミナル1)を利用しました。

スポンサーリンク

行先はもちろん僕らのフィリッピン!www

ANAマイレージを利用しての国際線は羽田経由なら何度かありますが、成田経由は初めてとなりました。

成田国際空港(ターミナル1)には、いわゆるパスポートコントルール手前にIASSラウンジとTEIラウンジの2ラウンジがあり、パスポートコントロール内にKALラウンジが1つ存在するとのことです。

JALマイルを利用して成田(ターミナル2)は何度か利用したことはあります。その時に、ターミナル2の同名のISSAラウンジを使ったのですのが、正直に言えばスーパー・ガックリ・ラウンジです。笑)

恐らく、ターミナル2のラウンジも同じでしょう。

で、もう一方のラウンジは更にガックリに拍車をかけるレポートしかありません。

成田使いの人、舐められています。www

 :

関空は、お好み焼きの「ぼてぢゅう」がプライオリティパスレストランとなって久しく、最近は「ぼてぢゅう」しか利用したことはありません。

ですが、ぼてぢゅうが利用できる前までは、関空のKALラウンジは数えきれない程に利用しています。

サイト内検索:ぼてぢゅう

アルコールが飲み放題なので他のラウンジよりKALラウンジを選択しますよね。

ただ、成田のKALラウンジも想定通りでした。

ナッツを突き返そうかとも思いました。www

KAL ビジネスクラスラウンジの営業時間と場所

営業時間 毎日:午前7時35分~午後8時50分 スペースの制約上、入室制限が行われる場合があります。
所在地 ラウンジはエアサイドのサテライト2の出入国審査を通過した後、3階のゲート26の近くにあります。

ゲート26近くとありますが、少し歩きます。

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジへ向かう1)

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジへ向かう2)

スポンサーリンク

関空のKALラウンジと成田(ターミナル2)のラウンジの比較

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[外の様子])

結論から言えば、成田のKALラウンジも内容的には一緒でしたね。

成田(ターミナル1)のラウンジが関空のラウンジと比べて爪の先だけ良いかな?との印象です。

何故なら外窓があって明るいから。付け足すなら、恐らく利用人数の違いと思いますが色々と提供量が多い。

提供されている軽食とドリンクは全く同じですが、ちょっと種類も多いですね。

広さも関空のKALラウンジと比較して倍以上はあると思います。ただ、ソファー席は無く一人用の椅子ばかりです。

コンセントも柱にある程度で、今風のラウンジとは言えないなか。これも関空のKALラウンジと同じ使用です。

KALラウンジの軽食とドリンクなど

軽食類

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[ラーメン])

カップヌードルミニが3種類(赤いきつね、わかめラーメン、シーフードヌードル)、カップ(とうふ)みそ汁1種類、おにぎりが4種類(明太子、サケ、ツナ、こんぶ)、クロワッサン風のブレッドが4種類、そしてスナック菓子が数種類です。冷蔵庫にはベビーチーズもありました。

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[おにぎり])

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[パン])

ドリンク類

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[ビール])

ソフトドリンクは、冷蔵庫に缶タイプのドリンクが数種類(トマト、リンゴ、キャロットなど)、ホットコーヒー、ウィスキー類数種、ワイン(白と赤)、日本酒(秋田の大吟醸で「おもてなし」とラベルにあった)、そしてキリン生ビールです。ビールは少し注ぎ量が関空と比べて少ない。

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[ウィスキー])

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[ソフトドリンク])

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[日本酒])

一瞬、マジで大吟醸か?と思うようなラベルでした。地元では有名なんですか?

後で、ググったらこのランクより上のゴールドラベルの大吟醸もあるみたいです。

カップに3杯いただきました。ビール数杯の後に3合近く飲んだかな?お昼のタダ酒は結構酔います。笑)

窓際の半分はビジネスクラス専用席

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[ビジネス席])

一般席の窓際には2掛け席が3組あります。あと半分の窓際はビジネスクラス専用席となって区切られていました。関空のKALラウンジはこのシステムはありません。

成田ターミナル2のKALラウンジのトイレ

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[トイレ1])

成田ターミナル1のKALラウンジについて(KALラウンジ[トイレ2])

トイレは、フツーでした。笑)

総評としては、ターミナル2にはKALラウンジが無いようなので、成田使いの場合でプライオリティパス利用者は、ターミナル1が良いかな。って感じですね。渡航先の航空会社次第でしょうけど。。。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以下はプライオリティパスの公式サイトになります。

コメント