大人のアンヘレス辞典 - こ【ko】

この記事は約1分で読めます。

大人のアンヘレス辞典

スポンサーリンク

こ【ko】

大型ホテルやミニバーのあるA.サントスからフィールズに抜ける「T字路」にあるレストランでアクセスも良く、ある意味ランドマーク的な場所。

フィールズを歩くバー娘や各国の痛いおじさんを見下ろして観察できるカウンター席が人気である。特に出勤前のバー娘を眺める時間帯がおススメだと言われる。

但し、(エロDVDや偽サングラス、エセ青粒などの)物売りが入れ替わりたちかわり寄ってくるのがウザい。また、この場所前で待機するトライシクルは高額だと言われるので避けるのが吉。

ココモスグループとして、併設するホテルやバーも経営している。

AGODA  ココモス ホテル & レストラン (Kokomos Hotel & Restaurant)
マッカーサーハイウェイを南下した屋外型のフィリピンフードレストランである。

ココを悪く言うバーガールもいない。店舗奥にある竹で編んだ個室風のテーブル席がオススメ。

但し、猫が数匹徘徊していることから衛生面でどうなの?との声も有り。 歩きはキツイのでジープかトライで行くこと。

ニダ/スミダの小さな半島国のオーナー店がフィールズに乱立した為に、コリアン+アンヘレスから発生した造語。

初期の頃は、フィールズの東側や西側の外れの小箱店のみであったが、特に東寄りのマッカーサーハイウェイ側からの進出がめざましく、フィールズにもハングルが溢れるようになった。

アンヘレスは基本ロングやショートの設定は無かったが、コリアンオーナーが定着させた。今やほぼ全てのコリアンバーでショートorロングのチョイスを迫られる。

残念ながらコリアンオーナー店を外して遊ぶことが出来ない現状がある。

AGODA  ザ ペントハウス ホテル (The Penthouse Hotel)
かつてはフレンドシップゲート付近のコリアンタウンのみだった韓国料理店がフィールズにも数店舗できている。

おススメは、フィリピンローカル人気店の YI-SAN と、サムギョプサルの旨い DONENOO である。

OPPAは開業当初は人気店であったが、味が落ちたもよう。

初代の人気店は、ジュモンであったが店舗移転後に消失してしまった。
安食堂やバーで、アンヘレスは何回目?とか、なれなれしく話しかけてくる日本人。

最近は、手口が込んできて複数回会った後に、セットアップや泥棒などを仕掛けてくることが有るとか無いとか。

また、フィリピンでの投資話なども持ちかけたりするらしい。

悲しい現実だが、話しかけてくるアンヘレス慣れしてそうな日本人には、適当にあしらう事が良いとされている。
この本を使った後には必ずバー娘に没収されてしまう不思議な本。買わなければ無くならないと気付かせてくれた本。

AGODA  Balibago Hotel
 前へ 次へ 
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました