国内線フィリピン航空の(同行者=)搭乗者名変更やスペル間違いの訂正について費用や対応を電話でやりとりした顛末記

フィリピン航空のキャンセル料とスペルミス修正料金

結論を先に書くと、(国内線)フィリピン航空の搭乗者名変更は出来ず予約のキャンセルのみで2,000ペソ/片道(往復ならx2)、スペルミスの訂正は$25ドル(2,700円)の手数料が必要でした。

購入したチケットの費用を考えると少し高いと感じますが、他の航空会社と比較すると平均よりちょっと安いかな?と思って納得しています(笑

搭乗者が変更になった理由

今年もゴールンウィークはアンヘレスのバー嬢を誘ってフィリピンのリゾートへ行く予定です。誘う条件は以前にも書いているので省略しますが、又してもその条件を破ってしまい1トリップで数日間だけ過ごした嬢を誘ってしまいました。

次のフィリピントリップまで2か月は空く訳ですからスケジュールの変更もキャンセルも出来ないことを「対面で真顔で口酸っぱく(笑」説明していたんですけどね。

日本とフィリピンのコミニュケーションツールはフィリピン人が大好きなFacebook(+ FB Messenger)です。

スケジュールの変更依頼が・・・

航空券は既にフィリピン航空のWEBサイトでクレジットカードで購入していました。4月上旬に同行予定のバー嬢よりメッセンジャーでスケジュール変更依頼が着弾しました。理由は姉が一緒に田舎に帰ろうと提案してきた日程と被るから。数回やり取りして「じゃー、旅行は止めよう」と連絡したら「もう一度考え直すよう姉と調整するからチョット待って」と連絡がありましたが、めんどくさいフラグが立ってたので、このバー嬢との旅行は止めました。

その直後に前回一緒にプチ旅行した別のバー嬢に連絡すると大喜びで食いついてくれました。しかも、アナタの為なら1年中私はフリーよ!と、ボラボラ(←お世辞を意味するタガログ語)も忘れてません(笑

独りで観光旅行する趣味は無いので旅行自体をキャンセルする必要も無くなり一安心です。

・・・で、フィリピン航空の日本事務所に電話して同行者のみを変更したい旨を伝えます。
||
|| 何時ものように前置きが長くなりましたが、ここからが本題です(笑
||

マニラ国際空港のターミナル2(フィリピン航空機内より)
◆マニラ国際空港のターミナル2(フィリピン航空機内より)


フィリピン航空のオフィスに搭乗者変更の電話をする

一応、フィリピン航空はレガシーキャリア(?)みたいだし日本にもオフィスがあり日本語で対応できます。

”フィリピン航空 問い合わせ” でググると「東京市内発券カウンター」なる窓口の電話番号がすぐに検索できました。

平日(月~金)の 9:00~17:00 が営業時間です。電話は20秒/10円の例のアレで通話は録音されるようです。

午前中の早い時間帯に何度か電話しますが、ずっと待たされて繋がりません。

昼近い時間に電話してやっと繋がり同行者を変更したいと申し出ると「キャンセルしか出来ない」と、つれない返事が・・・。

※(フィリピン航空に限らず)搭乗者の変更は一旦キャンセルして買い直しになることは事前に予習していたので問題ありません。気になるのはその費用です。

フィリピン航空のキャンセルフィーは片道あたり2,000ペソが必要で、往復で4,000ペソ程度かかりますが良いですか?フィリピン航空はXXX(←忘れた)の理由で、先のキャンセル料はおよその金額ですとの説明がありました。

キャンセルはこの電話で受け付け出来ますと言われ渋々了承して電話を切りました。クレジットカードの引き落とし口座に返金があるようですが、戻ってきたら追記します。

そのまま、チケットの新規購入にも応じてくれるようですがWEBサイトで購入した方が安いとアドバイスがあったので、この電話ではキャンセルのみにしました。

同行者分を購入したがスペルミスが発覚!

旧)同行者をキャンセルしたその夜に、新)同行者分を購入しました。元の予約してあった私の隣席は既に空席で表示されていたので、ちゃんとキャンセル処理はできていました。

意気揚々で、チケットを買ったよ!と、スクリーンショットを送ります。

が、・・・

ファミリーネームのスペルが違う、先にポスタルカードの写真まで送ってたでしょう?と。

OMG!

あらら、確かに2文字目の”N”の文字が欠落しています。言い訳すると、そもそも舌を噛みそうなメンドクセー苗字でした。しかも最後が”Z”で終っているし何なんだこの苗字は?どうやって発音するんだ、このアルファベットの羅列は?って感じでした。www

まぁ、1文字だし黙っていればチェックインできるかな?と思ったんですが気になってググります。

航空会社の対応はマチマチで、いろんな航空会社の対応を纏めてくれているブログもありました。当たり前ですが国際線の対応は厳しい模様です。

姓名を逆転したり、Mr/Msを間違えたり、私のようにスペルミスしたりとか・・・。

特に問題なく搭乗できた人やカウンターで割高な料金で買い直しさせられた人の体験記とか・・・。

またしても、フィリピン航空に電話します。

明らかに別人で無い場合のスペルミスは変更できますが、$25(¥2,700でした)必要です。とつれない返事が・・・。

しかも現金払いで明日の2時までに指定の銀行に入金して下さい。今から振込先を口頭で伝えますとのことでしたが、予約時のメールに送って下さいと伝え承諾しました。この程度の料金で事前に変更できるのなら安いもんです。

その夜にネット銀行より振り込み予約します。メールには振込人欄に購入時予約番号を忘れないでと書かかれていて、先の電話口で訂正後のスペルも伝えています。

午後の早い時間には訂正された名前で新しいチケットがメールで到着していました。

改めて意気揚々で訂正したからね。と、スナップショットを送ります。

まだ、間違っているんだけど・・・。このスットコドッコイと返事が。www

OMG!x100

確かに後ろの方に”U”の文字もありました。トホホ。

今度は泣きそうな声を装ってフィリピン航空に電話します。訂正費用払って苗字を訂正したけど、まだ間違っているようですと伝えるると、「(マニュアル通り)少し待って下さい。相談します。」と言われ少し保留にされた後に、今回だけ改めての訂正に応じると言われ無料で修正してもらいました。

費用はかかりましたが、ブログネタにもなって良かったとポジティブに考えています(笑)

まとめ

  • フィリピン航空の日本事務所は11:00ごろまでなかなか通じない
  • 搭乗者変更は出来ず一旦キャンセルして買い直し(2,000ペソ/片道のペナルティ)
  • スペルミスの訂正はOK($25=この時のレートで¥2,700)手数料
  • キャンセルとスペルミスの対応は早かった
  • スペルミスの2度目の訂正は無料だった(笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

本日のディバ!
このバー嬢の養子にだけはなりたくありません。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. joe より:

    質問です。フィリピン国内線の搭乗にIDのチェックとか本人確認があるのでしょうか?国内線なのでパスポートは出さないでしょうが、IDカードがないと乗れないのでしょうか?どのようなIDが正式なもかは知りませんがいくつか種類がありますよね。クラークからエルニド行きを計画しているもので。

    • Kuya Bozuri より:

      国内線でもIDはフィリピン人、外国人ともにチェックイン時に必要です。外国人はパスポートを提示するのが一般的です。コピーは不可でしょう。

      フィリピン人のIDの事はよく知らないので飛行機に乗ったことのある友人や家族に聞きなさいと事前に言ってます。”フィリピン人が飛行機に乗るための有効なID”でググると詳しく説明されています。

  2. joe より:

    そうなんですね。ありがとうございます。勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA