クラーク国際空港のプライオリティパスラウンジ【VIP LOUNGE】が早朝利用可できたので飲食してみた

この記事は約6分で読めます。

クラーク国際空港のプライオリティパスラウンジ

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)空港

JetStarが、関西国際空港(KIX)とフィリピンのクラーク国際空港(CRK)を就航するようになって久しいのですが、やっと、関空行きの早朝でもプライオリティパスラウンジが利用できるようになりました。

ちなみに、クラーク発の関空行きJetStar便は7:10am頃が出発です。

スポンサーリンク

プライオリティパスの利用できるラウンジの場所は、搭乗待合の右端と左端にそれぞれ2つ存在します。

プライオリティパスラウンジへの行き方はとても簡単で、手荷物検査場を出ると目の前に階段とエスカレーターがあるので2階の出発ロビー(=搭乗待合)に上がってください。

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)外観1

エスカレーター(or 階段)の上がった先で、首を左右に振るだけでそれぞれの2つのラウンジの入り口が目視できるハズです。

エスカレーター(or 階段)を上がって直ぐ右手の場所が今回紹介する「VIP LOUNGE」です。逆方面のはマニラ国際空港にもある「PAGSS LOUNGE」です。PAGSS LOUNGEは、関空行きのJetStar便の搭乗前では残念ながらオープンしていません。

ですので、今回は関空行きのJetStar搭乗前にVIP LOUNGEを利用したレビューとなります。

アンヘレスのクラーク国際空港は何度も書いてますが日本の地方空港ばりに小さな空港なので、ラウンジの場所を探す必要がないので助かります。

クラーク国際空港のVIPラウンジ

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)外観2

クラーク国際空港に到着し2階の出発ロビーに到着したのが5:30am頃でした。

直ぐに入っても良かったのですが、プライオリティパスを持っているが「ゴトはあるのか?」とフロントで質問してみます。

「ゴト(GOTO)」とは、フィリピン版のお粥です。マニラ国際空港のターミナル1とターミナル3のプライオリティパスラウンジには存在しています。

毎夜、アンヘレスのバーで散々飲んだくれた胃には優しい食べ物で、マニラ国際空港ではニンニクチップとネギ大盛りで必ず食しています。

が、帰って来た返事は「ワラ(=無い)」とのこと。それどころか、「ゴトーが好きなのか?俺も好きだぜ!」と、女性の受付スタッフを巻き込んで盛り上がります。

とりあえず、まぁ見てくれって感じで中に案内されました。

ラウンジのカウンターは待合場所(ラウンジ室外側)にあって、そのカウンターの左右に入り口があります。

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)外観3

それぞれの入り口の上には「VIP 1 LOUNGE」と「VIP 2 LOUNGE」と書かれていました。

VIP 2 LOUNGE 側に、料理やドリンクがありました。

なるほどね。って感じで一通り見せてもらって、プライオリティパスを提示して改めてラウンジに入りました。

左右のVIPラウンジは禁煙か喫煙かの違い

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)禁煙席1

VIPラウンジは入り口は2つですがVIPラウンジ1と2は自由に行き来できます。

実は「VIP 1 LOUNGE」と「VIP 2 LOUNGE」の違いは禁煙席か喫煙席かの違いです。飲食物のある「VIP 2 LOUNGE」が禁煙席です。ちなみに、喫煙可のラウンジは「VIP Smoking Lounge」と呼ぶようです。

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)禁煙席2

両方のラウンジ共に上記の様なタイプの1人ソファーが並んでいるだけです。

迷わず禁煙席側を選択。ライターは確か持ち込めないハズなので禁煙席側は紐で結ばれたライターが各椅子に設置されていました。

クラーク国際空港のVIPラウンジの飲食

あくまでも、早朝時間帯での飲食です。結論から先に書くとプライオリティパスラウンジとしては残念な部類でした。それでも、成田の貧相なプライオリティパスラウンジよりはマシでしたけどね。笑)

マニラ国際空港のプライオリティパスラウンジは数か所ありますがほぼ横並びです。マニラ国際空港のプライオリティパスラウンジを仮に10点だとすれば、クラーク国際空港のプライオリティパスラウンジは、4~5点程度かな。(個人の感想です)

クラーク国際空港のラウンジの食事類

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)アドボチキン

料理を温めて保存するウォームサーバーは3つあって、ライスの他にフィリピンを代表する料理が2品入っていました。

チキンとポークの「アドボ」系の料理ですか?フィリピン料理には1mmも興味が無いので間違っていたらすみません。

少し濃い目の味でしたが、不味くは無かったです。

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)アドボポーク

サラダバーには、レタス、きゅーり、コーンなど生野菜とスイカ、パイナップル、カットフルーツがあったのが救いでした。サラダのドレッシングは3種ありました。

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)サラダバー

マッシュルーム系のスープもありました。フィリピンでたまに飲むこのスープは嫌いではないです。

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)パン類

他には、小さな食パンと韓国系の小さなカップ麺だったと思います。

豆菓子などのお酒のツマミ以外で食事類は以上です。

クラーク国際空港のラウンジの飲料類

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)ドリンク

冷蔵庫の中は、サンミゲルライトの缶ビールと小ぶりのコーラのペットボトルのみでした。別に、フレッシュジュースとして、オレンジとブドウがありました。

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)冷蔵庫
クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)ジェットスタ

とても残念だったのは、コーヒーがインスタントしか無かった事ですね。ネスカフェのスティック状のインスタントコーヒーに粉クリープ、砂糖です。

マイチョイス

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)マイチョイス

VIPラウンジの男性用トイレ

クラーク国際空港のVIPラウンジ(clark vip lounge)トイレ

男性用のトイレです。禁煙席側にありました。丁度、料理が並んだ側の裏側にあります。キレイに掃除されていました。

クラーク国際空港のラウンジは緩い

セキュリティやらフロントデスクの職員がプライベートで使っているのが印象的でした。ひっきりなしに入ってきてドリンク類を入れて出入りしています。流石、フィリピンです。www

クラーク国際空港のプライオリティパス公式案内

プライオリティパスの公式サイトは多分間違っていますね。もしかしたら、VIPラウンジと、PAGSSラウンジが逆転しているのかな?

VIPラウンジの扉には、9:00am ~ 6:30am とプレートが貼られていたので、この時間をオープン時間としておきます。

少なくても関空行きのJetStar便の利用なら普通に使うことができました。

プリオリティパスは楽天カードで!

プライオリティパス・カード(イメージ)

もはや説明不要だと思いますが、楽天プレミアムカード(年会費10,800円(税込))を発行すると、プライオリティパスカードが無料で発行できます。

無料発行したプライオリティパスの会員プランは最上位のプレステージ会員同等になり、本人なら何回でも無料で利用できます。(同伴者はUS$32)

世界で利用できる空港ラウンジは1,200か所以上です。

\\ 楽天プレミアムカードの申込みはこちら! //

特に関空(KIX)利用の方はプライオリティパスレストランのぼてぢゅうで、3,400円(税込)までの飲食が無料になりました。ぼてぢゅうの店舗は規制区域外なので、国際線・国内線の出発のどちらでも利用できます。

コメント