大人のアンヘレス辞典 - ち【chi】

この記事は約1分で読めます。

大人のアンヘレス辞典

スポンサーリンク

ち【chi】

ホテルのチェックアウトの際に、頼んでもないルームサービスやランドリー、または、冷蔵庫やミニバー上にある、菓子類、ドリンク類、洗面所にある有料アメニティが加算されることがあるので注意すること。

特に、菓子類やアメニティ類は、ホテルスタッフやバー娘が持ち帰る場合があるので注意が必要。

対策としては、クローゼットの上段にバスケットごと隠すのが推奨されている。長期滞在する場合は、スタッフに引き取ってもらう人もいるとか。

何れにしても、身に覚えない請求は拒むこと。

AGODA  ナタリアホテル (Natalia Hotel)
アンヘレスのバー街(ユーロテル前)にあるジープニーの発着所。向かって左側がフレンドシップ方面行きで、右側がアンヘレス市街地方面行き。

フレンドシップ方面行きは、ペリメター界隈のバー前を通るジープニーで非常に便利な乗り物。

但し、スリの温床なので財布やスマホは十分に管理すること。
アンヘレスデビューした娘さんが最初に覚える日本語。タビルというかナミル行為でる。

連呼する娘さんはハズレが多いとのベテランの意見もあるが、大げさに日本語が上手だね!じゃぁ、ケツアナもお願いします。と、テッパントークで対応すること。

このフレーズをアンヘレスに定着させた伝説の日本人を探したい。当サイト運営者も探偵ナイトスクープに投稿したい一人である。

AGODA  プリスム ホテル アパテル (Prism Hotel)
普通にフィールズ周辺で飲み歩く程度なら問題は無いとされている。気をつけるとすれば、自分の財布の管理程度か。

深夜3:00amも過ぎると曜日によっては人もまばらになる場合もあるが、バー街から少し離れたホテルに帰る程度なら問題は無い。

但し、ひ弱に見える人やご高齢の方は狙われやすいので十分に注意すること。

路上でたむろする18歳未満の娘や幼女などには絶対に関わらないこと。←ここ重要!
 前へ 次へ 
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました