フィリピンの流しのタクシー

マニラ・セブ・ダバオのタクシー事情について

フィリピンのタクシー事情なんて言っても、中小規模な地方都市では余りタクシーは見かけません。(笑

なんてったって、庶民の足は、ヘンテコな装飾の施されたジープニーって呼ばれる荷台に乗るあの車ですから。

あのアンヘレスでさえ、流しのタクシーなんて走っていません。

1.マニラのタクシー

フィリピン最強最悪です。(笑

ですから、その対処方法について判りやすく解説したいと思います。

でも、コレだ!ってのは無いです。その時々で臨機応変に対応しましょう。www


一般的に無茶な金額を要求するのは、繁華街周辺で客待ちしているタクシーとか、駅やバス停付近や、ホテル前に停車しているタクシー等ですが、マニラは流しのタクシーさえも最悪です。

最近は多少マシになったと云われてますが、タクシーに乗って2~3回に1回は、交渉事が必要になる場合があります。

メーターを使わずに、言い値で請求される場合もありますので、走り出してメーターを使わない場合は、サクッと止めて降りましょう。現地人だって、そうしてます。

また、メーター周辺にタオルを掛けて見えなくしているタクシーや、メーターが稼働中のタクシーには乗らない方が賢明です。半分乗り込んだ状態で、確認しましょう。

で、メーターが0なら、メーターを使うかどうか確認して乗り込みましょう。

「幾ら払う?」なんて質問されても、相場が分からない場合はどうしようも無いので、「面倒くさい声で、わかったよ。メーター+20ペソ」とか言ってみましょう。多分、「+50ペソ」とか言ってくるので、シメシメと思って、そこを落とし所にしてください。

ガソリン代が日本とそれほど変わらないのに、タクシー料金は安いモンですから・・・。

ただ、改造メーターもたまにあるので注意が必要です。改造メーターでも、5倍にも10倍にもならないプチボッタですので、相場感がわからなければ、そのまま払う方が無難です。

雨降り時は、法外な金額を言ってくる場合もありますが、これは旅行者に限らずですから、ある程度は諦めましょう。

最近では、スマホのアプリを利用して呼べるタクシーもあります。Grab Taxi や、Easy Taxi などです。

マニラのタクシー (カンパニータクシー)

Metro Manila company taxi
◆Metro Manila company taxi – Google Image Search

個人タクシーは白一色です。マニラでは、ほぼ個人タクシーなのですが、良く眺めていと10台~15台に1台程度ですが、緑や黄色のラインの入ったタクシーがいます。これが、カンパニータクシーです。

一般的には個人タクシーよりはマシとされています。私も、某所で知り合ったマニラ生まれの女性に聞いた事があります。ネットでもそんな意見もあります。勿論100%ではありませんよ。

英語サイトでググってみたら、
Taxi Pick-up in Metro Manila – MGE, EMP, 24/7, Basic, Avis, ABC, R&E
と、ありました。それぞれが会社名です。

マニラ市内も流しています。MGE, EMP, 24/7, Basic, Avis, ABC, R&E 等の文字が書かれていたら、カンパニータクシーです。

2.セブのタクシー

使い勝手は日本のタクシーと変わりありません。何度も書いてますが、深夜未明にバー前に待機していたタクシーでさえ、お釣りをくれた程ですから。

3.ダバオのタクシー

都合15回程度しか乗車経験がありませんが、深夜未明でも何も言わずともメーターを利用してました。

以下は、テーマごとにまとめています

スポンサーリンク