ブルサン アイランド - フィリピン パラワン コロン ブスアンガ

Bulusan beach – Coron Island

二日目のアイランドホッピングの3番目のポイントです。 [ログは後日UPします。]

実は、この島名は定かではありません。
GoogleEarthに写真投稿があったので、その名前をそのままカタカナ読みしただけです。

このひょっこりひょうたん島のような島の周辺のサンゴがメチャクチャ綺麗でした。

水中カメラが無いのが本当に残念です。

シュノーケリングポイントは、背丈ほどの水深の所が多く、ど素人が潜るものだからフィンで蹴ったりして枝珊瑚なんかは、ポキポキ折れているのが普通ですが、ここは、3メータ位の場所からドロップオフになっていて、人が傷つけた形跡が全くなく、それはそれは綺麗な枝珊瑚の群生がありました。テーブルサンゴもドデカイ一枚物があり、これまた迫力がありました。

なんて、ゆうか、サンゴの活きがいいんです。じっくり見ると伸びているのが見えるんじゃないかと思うほどに・・・。w

後日のログでは、GoogleMapで潜った場所を矩形で囲んでます。ので、確認してみてください。

余りにも、「サンゴが綺麗だったxN」と、ほざいていたら、島の反対側にもあるから見てみるように言われました。ただ、4:00pmにこの場所を離れることを聞いていたし、丁度4:00pmだけど、いいの?と、確認したら、30分だけ貴方に、時間をあげる。と、言われ反対側のサンゴも見ることができました。反対側は、また趣の違う表情があって綺麗でした。

いろいろ巡ったコロンのアイランドホッピングですが、今回のアイランドホッピングは、ここに直行直帰でいいです。(笑

Bulusan beach - Coron Island
◆この島が、ブルサン島です。


Bulusan beach - Coron Island
◆この辺りのちょっと後方が珊瑚礁になってます。


Bulusan beach - Coron Island
◆ビーチの様子。まぁ普通ですか?綺麗なビーチ際も見慣れてきました。


Bulusan beach - Coron Island
◆別のツァー客のバンカーです。Pナのグループだったかな?ライジャケ背負って引率されて、バシャバシャやってました。海辺や川べり育ちでない限りPナって基本泳げませんからね。もちろん今回の連れPナも泳げませんから、スタッフに押し付けて、自分だけ楽しんでましたよ。w


今年の抱負は、キレイなペ○ペ○より綺麗なサンゴを拝むこと!!

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA