ローコストキャリアに乗るなら機内持込みの超軽量(2Kg前後)かつ容量30L以上のスーツケースがオススメ!!

由緒正しい旅ブログ的キャリーバッグネタの定期エントリーです。w

ハードタイプのトランクの重量が2KG前後で容量30L以上を調べてまとめてみた

安価な航空会社を使って、高価なハードトランクを持つミスマッチ感がアレですが、こだわりのキャリーバッグのお話です。

一般的なローコストキャリア(LCC)の無料枠での機内持ち込み手荷物は、7Kgまでしかありません。


amazonや楽天などの通販サイトでは、5,000円も出せば機内持込用のハードトランクはゴロゴロ売ってます。ですが、・・・

この手の安価なスーツケースは、3Kg前後します。中には4Kg近い商品もあったりして笑えます。

7kg – 3Kg = 4Kg

つまり、4Kgしか持ち込めない。
現在、超軽量なハードトランクは、2Kg前後です。

7kg – 2Kg = 5Kg

たかが1Kg、されど1Kg。みたいな。(←流行言葉を使ってみた)

この1Kgに2万円以上出せますか?って話なんですが・・・

実際に、使えば判りますよ。この1Kgの重要性が・・・。。。。で、調べました。

重量が2Kg(~2.4Kgまで)で容量が30L以上のキャリーバッグ

Samsonite Cosmolite Spinner55

ブランドサイズ容量重量
サムソナイトタテ55cmxヨコ40cmxマチ20cm1.8 Kg36リッター

Stratic Cliff S

ブランドサイズ容量重量
ストラティックタテ46cmxヨコ34cmxマチ21cm2.4 Kg32.5リッター

※廃版

RONCATO UNO ZIP ZSL

ブランドサイズ容量重量
ロンカート外寸/H550/W400/D200mm1950g35リッター

ProtecA LUGGNA LIGHT F ACE

ブランドサイズ容量重量
プロテカW36×H50×D24(cm) 2.3kg34リッター

Antler ANTLER LIQUIS

ブランドサイズ容量重量
アントラータテ48cmxヨコ34cmxマチ21cm2.0kg34リッター

※廃版

AmericanTourister

ブランドサイズ容量重量
AVIS ゼイビス スピナー55H:55cm x W:35cm x D:25cm2.4kg32リッター

ローコストキャリアを使うならマストアイテム

海外旅行ってハードキャリーバッグを預け入れ荷物(受託手荷物)としてチェックインカウンターで渡して、現地到着時にターンテーブルで回収するものだとばかり思ってました。数年前までは。。。

ローコストキャリアが日本にも一般的になっても、このロジックはそのままで当たり前だと思っていました。(笑

でも、以前このブログで指摘されてスッパリヤメましたよ。多少は不便になりましたが、行き先が東南アジア近辺だし、旅程が一週間以内だし、衣類は現地のランドリー出せば翌日には仕上がっているし。。。

ローコストキャリアの15KGとか20KGの超過重量分の往復の料金が浮くのなら多少の不便には目を潰れるレベルです。しかも、自分で持ち込むので、キズや汚れ、壊れる心配も全くないのでいつまでもキレーに使えます。

ちなみに私は、最後にご紹介した、Antler LIQUIS を実際に使っています。カラーがイマイチだけど、コレ良いですよ。
アントラーリクイス

本日のディバ!
サイズや重量、容量は通販サイトによってマチマチですので、目安としてお考え下さい。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA