2013年GWの渡泰報告(バンコク・パタヤ編)

クラーク・インターナショナル・エアポート

クラーク・インターナショナル・エアポートからバンコクへ
◆ クラークからバンコクへ

今回も、昨年同様にクラークからバンコクに飛びました。ダウ・マバラカット・バス・ターミナルから、クラーク・インターナショナル・エアポートに、エアコン・ジープニーで行ったトホホなエントリーは、以下にあります。


関連記事:(ダオバスターミナル~クラーク国際空港)期待してはイケないエアコン・ジープニー

去年は醜い遅れになった、セブパッシャンですが、今年は定刻フライトで一安心でした。

NEW!! Clark International Airport / 2nd floor

クラーク国際空港は、なんだかスゲー綺麗になってましたよ。

クラーク空港の有料のラウンジ(2F)
◆ クラーク空港の有料のラウンジ(2F)
キレイになっていたクラーク空港(2F)
◆ キレイになっていたクラーク空港(2F)


bangkok! bangkok!

セブ・パシフィックのバンコク到着は夜中なので、初日のみ、チューンホテル アソーク バンコク (Tune Hotel Asoke Bangkok) に滞在し、ソイカーボーイで、3時間ほど飲んで、そのまま、ふらふらと酔った勢いで道路脇のミニバーでタイのおばちゃん(推定30歳)と、化け損なったオカマ(推定35歳)の店で楽しく飲んで、散歩がてら、テーメーカフェ辺りまでテキトーに歩いて、NOODLE食って寝ました。

以上で2年ぶりのバンコク観光は終了!ハハハ。

pattaya! pattaya!

翌日は、アソークからエカマイまで、スカイトレインで移動して、パタヤまでバスで向かいました。ただ、買ったチケット売り場をミスったのか、座席指定の無い、130Bのバスでした。でもって、パタヤのどっかの道路脇で降ろされ、100Bでソンテウ移動になりました。結局、エカマイ出発してからホテルに到着するまで、渋滞まみれで4時間半ほどかかったし。。。これは、また、後日ログUPします。

パタヤビュー
◆ パタヤビュー ※とりあえずバイクで徘徊する定番スポット


パタヤの宿は、以前宿泊したことのある、ページ 10 ホテル (Page 10 Hotel) を、滞在2日前にアンヘレスの宿からAGODAで予約しましたが、以前泊まった金額の倍近い値段になりました。とほほ。

関連記事:ページ10 ホテル (タイ パタヤ ソイ10)

SOI10から2ndロードに出て右折しちょっと歩いた、マッサージ店の前にレンタルバイクが並んでいたので、今回はそこでレンタルバイクを借りました。交渉無しで、200B/日でした。バイクでうろうろしてたら、120B/日の店もありましたね。

パタヤ近隣の行きたい観光地は既に巡ってますので、無理やりトリップアドバイザーで一箇所だけ候補にあげて、行ってみました。適当にスマホに地図を写していっただけなので、シンプルなルートなんですが、やっぱり迷いましたね。場所は、Khao Chi Chan と、呼ばれる場所です。初日にうっかり半袖で半日運転してしまい、腕が日焼けでとんでもないことになりました。

200バーツ/日で借りたバイク
◆ 200バーツ/日で借りたバイク
Buddha Mountain (Khao Chi Chan)
◆ Buddha Mountain (Khao Chi Chan)


パタヤの A-GOGO をバーホップ

日本人の若造が数人でゾロゾロとビール瓶持って、飲みながらバーホップする様が、なんだか哺乳瓶持って歩いているようで、笑いました。ほとんどの日本人がそうやってビール瓶持っているんですよ。欧米人を真似た、粋なつもりなんでしょうかね。なにも全員が同じ事しなくていいのに。。。

ウォーキングストリート、ソイMKメトロ、ソイ6なんかを主に徘徊しましたが、なんてゆうか、円安も手伝って、呑助には特にGOGOは、コスパが悪いですね。そんな訳で、バービヤ巡りも次回の課題にしようと思いますが、短期旅行者が、あのおばさんの中から、タイプを探すのは結構辛いんじゃぁないですか・・・チャチャと徘徊するにはやっぱバイク巡りでしょうか。。。

パタヤ関連は、現地からTweetもしてますので、そっちで御覧ください。

フィリピンではほぼ皆無ですが、タイは結構、胸とか顔とかオペってますか。私は日本のドクターだ!と言い張り、真顔で医者になりきって触診していると、「えへへ!」って、感じで照れ笑いする娘が数人いましたね。なかには、これシリコンだと、カミングアウトする娘も・・・。(笑

あと、最後に飯関係ですが、特にP国からT国への移動では、100万倍美味いです。(キッパリ!

本日のディバ!
パタヤはパタヤで楽しいです。でも、今の所、年に一回で十分かな。

話がすっ飛びますが、QUIKSILVERや、BILLABONG のTシャツを自分用にまとめ買いしてます。交渉してB200/枚なんですが、もっと値切れますかね。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

8件のフィードバック

  1. kkk より:

    クイックのTシャツは日本で買った方が品質が良くないっすか。
    確か、ウインドされるんですよね。今年は、御前崎行けなかったす。
    海は多少汚くてもいいので、右サイド(ポートはチーンなので)で毎日10メートル以上の風が吹いて、頭くらいのきれいな波がセットで入る浜が、アンヘレスの近くにあれば最高なんですが。パタヤは海はあるけど、風も波もないですよね。
    徳島はこれからシーズンインじゃないんですか?今日も南東入ってそう。
    毎日3時間ウェーブして、バーホップなんて最高の贅沢だと思いません?

    • tani-p より:

      Tシャツは品質は悪いですが、2ブランド2種2カラーの8枚位で、1シーズンは使えます。(笑

      パタヤの隣のジョムティンビーチは、ウィンドのレンタルありますが、どれも状態が良くなかったですね。

      以前はあちこち行きましたが、今は地元で吹いたら乗るくらいです。
      年取ったので、ハードコンディションは体力的に無理ですが、
      温かい海で心地良いライトウィンド乗って、バーホップして夜はツルツルの浅黒いのに乗って(ry
      もうね、退職して3年コレやれれば、死んでもいい。www

      (バーホップはできませんが)オキニ誘って行くシーズン中のボラカイは、正に理想の環境です。

  2. Ukon より:

    >ただ、買ったチケット売り場をミスったのか、座席指定の無い、130Bのバスでした。
    おや、正面スグのNo.32(今もそうだと思いますが)で買いましたか?
    誰かに聞くと↑Webにあるように別の空いている便に乗せる輩がいますが、聞かれたんですか?
    それか、直行便=ティウビントロン: Thiew-bin-trongと言うかですが・・・。

    注意:チケットを買おうとすると、バスターミナル職員らしき人に行き先を聞かれることがある。サタヒップ行きやラヨーン行きのバス等の、空いているパタヤの先に行くバスに乗せようと言うことらしい。。
    パタヤ行き以外のバスに乗ると、パタヤのバスターミナルへは行かない。適当なところで途中下車する事になる。これが厄介でタイ語が分からないと降りるところが分からず、終点まで連れて行かれる羽目になる。
    声をかけられても断ってパタヤ行きのチケットを買いましょう。

    • tani-p より:

      窓口番号は不明ですが、駅方面からターミナル入って正面中央やや左で買いました。
      窓口のおばさんが、No16、11:30amと言ってチケットの裏にその番号を書いたので、
      裏手のバス停車場に行くと、バスNoでは無く、バスの駐車Noでしたね。
      運転手に、出発時間を確認したので、パタヤ行きに間違いないのですが、
      逆方面から乗った、ノースパタヤバスターミナルから出発したバス会社でなかったです。
      実はそのバスも別の場所にパタヤ行きとして停まっていました。
      ログ確認したら、降ろされた場所は、Phatthaya Klangと、スクンビット通りの交差する場所からやや南の場所でした。
      てっきり、ノースパタヤバスターミナル行きだと思っていただけです。
      そこからソンテウで100Bでした。本件、7/中旬にログUPします。

      • Ukon より:

        大変でしたね。
        普通それだと、座席指定バスで運んでくれるはずなんですが・・・。
        (番号はwebにあるようにNo.1に最近変わっているようですね)
        やっぱりタイもフィリピンも末端が勝手なことをしますね。

        タイ人英語が駄目なんで・・・。
        タイ文字で北バスターミナル行くのか?を見せるか、喋るか(ボーコーソー・パタヤヌア)
        タイの場合、原則として大型バスは「座席指定していないのに乗り込むのはヤバイ」です。
        2等以下の格安指定なんで、そうなったらもう一度戻って身振り手振りで変更をお願いしたほうがいいです。(終わってからスミマセン)

  3. star より:

    一度の旅行で二度美味しい

    羨ましいです

    私もアンへ&パタヤ派ですが、一度に長い休みが取れないのでほぼ交互に訪問しています

    どちらにも良い所があるんですよね~

    アンへはタイに比較すると飲み代が安く24時間飲めるのが魅力(タイは午前中だと開いているお店が少ない)
    タイはやっぱり気持ちの良いタイマッサージと美味いタイ飯ですよね
    あと、タイ人は基本的にシャイですが、パタヤのお店の娘はフィリピン以上に大胆ですね(店によってはここは銭湯の脱衣場か!って感じ)

    ちなみに、5月連休明けにパタヤでしたので、次回はアンへの番です

    但し、両方ともあと数年の命かな~

    近年、物価上昇が激しいですね
    ちょっと前の素朴な感じも無くなってきてますし・・・

    パタヤは中国の団体客とロシア人グループ
    (両国とも男女混合で行動することが多いですが、男だけで来るようになって本格的に遊び始めたら恐怖です)

    アンへは相変わらず“ニダ”の方々が目立ちますね
    お互い楽しく遊べればいいのですが・・・

    今の命題は早急に新たな楽園を探すことかな?
    お姉ちゃんをからかいながら、安くビールが飲める所!!

    • tani-p より:

      patttayaでは、タイガールが良いと言い、
      angelesでは、やっぱり、フィリピーナが良いなぁ~と言い、
      国をまたいでボラボラかましてます。www
      でもこれまるで、バーガールが、日本人と韓国人に対する営業トークと同じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA