ミニバス(UV EXPRESS)でアンヘレス(ダオ)からオロンガポへ(SCTEXを利用してスービックに向かう)

ミニバス乗り場はダオのバスターミナルの左側にあります

ミニバス乗り場は別の場所にあったハズですが、ダオのバスターミナル入り口の左側にミニバス待機場ができてました。”UV Express Service” って車体には書いてますね。


ホテルを11:00am ちょっとにチェックアウトしてこの場所に行き、オロンガポ行き(右端に停車)の時間を確認すると、12:00丁度に出発するとのこと。「じゃー、朝飯食ってくるから予約しとくヨ。」と、言い残しチョーキンへ向かおうとすると、「行き先を教えてクレ。」と言われました。

想像ですけど、満車になったら呼びにくる感じでした。

一応、12:00の10分前に食べ終えて、バスに戻ると丁度座席は埋まってしまい、私たちが乗り込むとスグに出発しました。

前席は普通の席なんですが、後方の席はジープニーの様に向かいあって坐る席になっています。向かいあって坐る席は、左右3席ずつですが、ほとんどジープニーのシートの様で、乗り心地は最悪でした。

ちなみに、ジープニー同様に、2席分買って余裕で座って行く方法もあるようです。さらに言えば、全席買い取って貸し切る方法も・・・。

項 目内  容
記録した人tani-p
記録した日2014年11月23日(日)
開始地点ダオ・マバラカット・ミニバス乗り場 12:00pm 発便
終点地点オロンガポ・ミニバス降り場
移動手段ミニバス
移動時間11:53am to 01:14pm 1時間21分
料金130ペソ
補足説明後席のジープニー席だったので窮屈でした。
ミニバスって書いてますけど、これはタイでの呼び方ですね。実際にはこのワゴンバスはなんて呼んでいるのでしょう?
Google Maps  Googleマップの操作方法は、こちらをご覧ください。

※地図を拡大すると、ピン位置がさらに詳細に判ります。

ログの通り、Subic Clark Tarlac Expy (ECTEX) がほとんどなので、一般道にありがちなコーナー横揺れやブレーキ揺れは、ほとんどなく快適です。

MABALACAT CITY PUV COMMON TERMINALと書かれています

ミニバスでダオからオロンガポへ - ダオのミニバス乗り場(オロンガポ行き)
◆ミニバスでダオからオロンガポへ - ダオ乗り場(オロンガポ行き)


ミニバスでダオからオロンガポへ - ミニバス待機場
◆ミニバスの待機場
ミニバスでダオからオロンガポへ - 乗ったミニバス
◆オロンガポ行きのミニバス



後輪の後ろに、LTFRBとありますね。
WIKI:Land Transportation Franchising and Regulatory Board (Philippines)
和訳すると、”陸上交通許認可規制委員会”とニッポンの国土交通省のエライ重たいPDFに載ってた。

オロンガポ側のバス発着所 (OLONGAPO – DAU VIA SCTEX)

ミニバスでダオからオロンガポへ - オロンガポバス停
◆ミニバスでダオからオロンガポへ(オロンガポのバス停)



この到着場所の右手がドラッグストアーでその脇道の裏手が、バリオバレットに行く青のジープニー乗り場です。右下の写真で、カラフルなジープニーが出てきた場所を遡るとあります。

ミニバスでダオからオロンガポへ - オロンガポバス停待合所
◆オロンガポ待合所
ミニバスでダオからオロンガポへ - オロンガポバス停前
◆オロンガポバス停前


オロンガポのバス待機場に到着時に、明日の11:00am頃ダオに帰るけど何時にバスは出発する?と聞くと、「Every One Hour」に出発していると言われました。

本日のディバ
友人が「ケツが痛くなるしエアコンが効かないから嫌だ!」ってことで、帰路はビクトリーライナー選択しました。
スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA