コロンタウンやコロンの海が一望できるタプヤス山に改めて登ってみたらやっぱりキツかったって話です

この記事は約4分で読めます。

Mt Tapyas について

コロンのタプヤス山(登り口) Mt Tapyas

アルファベット表記は、Tapyas です。タプヤス山とカタカナ表記していますが、タピヤス山、タポヤス山、タパヤス山と書かれているサイトもあります。カタカナ表記は難しい。w

ただ、タプヤス山の表記の方が多そうなので、このサイトではタプヤス山で統一しています。

スポンサーリンク

コロンタウンの裏山(笑)にそびえるコロンの象徴的な山(実際には丘かな)で、大きな白い十字架が展望台にあります。

夜間には点灯されるので、コロンタウンからも良く見えますし、ボートホッピングの帰りなどは、海上のバンカーボートからも見えます。

こちらも、「マキニット温泉」同様にコロンを代表する観光スポットで、半日のコロン観光に組み込まれています。コロンに来たのなら1度は訪れたい場所です。

ハリウッドサイン(Hollywood Sign)の様に「CORON」と大きく書かれているのが印象的です。

あっ、このサイトを見ている層の人たちは「PATTAYA」のアレって言った方がいいかも。www

タプヤス山への行き方

コロンタウン外れのホテルを選んでいない限りは、滞在ホテルから登り口まで歩いていけます。

登り口からは、ひたすら階段を登るだけです。笑)

入山料も入場料も必要ありません。(無料です)

タプヤス山の階段はケッコーきつい

コロンのタプヤス山(最初の頃の階段) Mt Tapyas

最初の頃の階段の様子

マウント タプヤスに登る階段は、721段あるようです。

コロンのタプヤス山(中盤の階段) Mt Tapyas

中盤の階段の様子

これが、ケッコーキツイ!

マジメに、キツイ!

ホントーに、キツイ!

www

階段は麓から下の写真のように一本道でズット続いています。

コロンのタプヤス山(階段全貌) Mt Tapyas

階段の様子

この日は、少し曇り空で風が全く無くムシムシ暑かったので、大汗をかいてしまいました。

ちゃんと、運動靴を履いて登りましょう。また、飲酒して登らない方が賢明ですよ、お父さん。

そして、水分補給でミネラルウォーターは持参して登ることをオススメします。

コロンのタプヤス山(ミネラルウォーター) Mt Tapyas

ですが、ミネラルウォーターは途中の階段で、地元の少年たちが売っているので(少々お高いのですが)忘れてもなんとかなります。

ロマンチックに夕日を見よう(笑

コロンのタプヤス山(コロンタウン) Mt Tapyas

マウント タプヤスも夕日がキレイな場所です。日没を目指して登るのがオススメです。

太陽がとっぷり暮れても階段付近はライトがあるので、帰りの夜道を心配することはありません。

スポンサーリンク

夕日の鑑賞ポイントは、上り詰めた広い展望所(十字架が立っているコンクリートの場所)からさらに十字架の左端から登った先にあります。

コロンのタプヤス山(夕日の鑑賞スポット) Mt Tapyas

上下の写真がその場所で、夕日の鑑賞場所になります。この日は少し雲が多くて残念でした。

コロンのタプヤス山(夕日の鑑賞スポットと夕日) Mt Tapyas

少し早めに到着したら

少し、早めに到着したら十字架に向かって右手端の階段から十字架の裏手方面の草原に出ます。ここもなかなかの絶景です。

下の写真がその場所です。

コロンのタプヤス山(十字架裏手の草原) Mt Tapyas

タプヤス山のまとめ

  • コロン街中からは徒歩圏内です
  • コロンに沈む夕日鑑賞がオススメです
  • マジでキツイので飲酒前に登りましょう
  • サンダルは無理です。スニーカーで!
  • ミネラルウォーターは持参してください
  • 夕日の鑑賞は十字架左手側の階段を上がった所です
  • 時間があれば十字架右手の階段から裏手も見てみてください

宿泊ホテルからタプヤス山へ(GPS LOG)

6年前の投稿です。階段や展望台など何も変わっていませんでした。やっぱり、登るのがツライと連呼していて読み返したら笑ってしまった。展望台からのYoutube動画もあります。

Youtubeの拾い空撮

Youtubeで拾ったドローン動画です。この投稿の4ヶ月前の投稿です。投稿日=撮影日でしょうか?チョコレート・ヒルの様に草が枯れてますね。

ドローンも買い替えたし(SPARK → Mavic Air)持って行きたかったのですが、ラグビーワールドカップの開催中で、東京の空港がドローン規制しているようだったので今回は諦めました。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました