【ベトナム初心者】ホーチミン(タンソンニャット)国際空港 ~ ホテル間のアクセスは Grab Car が安心快適!

Grab Carを利用するためにベトナムのSIMを事前準備する

ホーチミンの空港からホテルまでグラブカー(Grab Car)を使う

当たり前の話から。www

ホーチミン(タンソンニャット)国際空港(以下、ホーチミンの空港)で、グラブカー(Grab Car)を利用する為には、インターネットアクセスが必要になります。

ホーチミンの空港では、無料のWIFIも飛んでいるようですが、旅行中にFacebookやTwitter、LINE、InstagramなどSNSをタイムリーに使いたいですよね。

また、行きたい場所や自身の位置をGoogleMapsで確認したり、ホーチミン市内の移動は安くて手軽な Grab Bike を使ったりするには、やはり現地SIMが必要です。

現状では、ベトナム現地SIMは到着の空港で買うより、Amazon等のインターネット通販を利用して日本国内で買った方が安く手に入ります。

スポンサーリンク

ちなみに、2019年ゴールデンウィーク前に買ったベトナムSIMの値段は、こんな感じでした。

ベトナムの空港で購入 2019年1月投稿の某ブログより
大体200,000ドン~250.000ドン
(日本円で1,000円~1,250円)
日本のAmazonで購入 2019年4月中旬
720円(送料込み)
日本語の操作説明付き

色々と調べたら以下のSIMが良さげでした。※15日間10GBまで、20分の通話付き

イミグレーション前でSIMをセットます。私のスマホはSIMフリー機なので、APNも表示されていました。

ただ、APNが2つ表示されていて、どちらかを指示してやらないとダメだったみたいで、このSIMはデータ通信できません。のメッセージが表示されてチョット焦りました。

ちなみに、ホーチミン市内では殆どの場所で、4G電波を利用でき日本同様に快適に使うことができました。

ホーチミン(タンソンニャット)国際空港での注意

結論から言えば「タクシー!タクシー!」と連呼してくるオッサンが何人も居てウザいです。ケッコーしつこく勧誘してきます。

Grab Car を呼ぶ旨伝えると、今度は、首からぶら下げたIDを見せて空港の関係者だと言い、Grab のアプリに表示された金額でOK!だと勧誘してきます。

Grab Carを呼ぶのに自分の本来の位置とGrabアプリで表示されているピン位置がズレていて、最初の1台目は、Grab Car と上手くマッチングできなかったのでキャンセルしました。・・・で「まぁいいか?」で、このオッサンに、ついていきました。

スグ近くの駐車場の車に乗れと言われ乗り込みましたが駐車場代が必要だとのこと。微々たる金額でしたが、空港内で両替したベトナムドンにその金額は無く、しかも運転手もお釣りが無いとのこと。

「財布を見せろ!」と詰め寄られ色々と押し問答の末、この車を降りて元の場所で Grab Car を呼ぶ事にしました。

後で、先人たちのブログを確認すると、色々と面倒だったみたいで、乗らなくて良かった。絶対について行かない様にしましょう!

グラブカーでホーチミンの空港からホテルへ(Grab Car)

ホーチミンの空港からホテルまでグラブカー(Grab Car)を使う【空港からホテル】
今度は自分の現在位置とピンを合わせ、行き先のホテル名を入力したら、Grab Car は直ぐに呼べました。

ポイントは、「インターナショナル側の到着フロアにいること」「到着フロアの柱に番号があるのでその番号を伝えること」をすばやくテキストすることですね。

Grab Car に乗ってしまえば、後は楽勝!

すんなり、滞在する1区のブイビエン通りのホテルに到着しました。

◆空港からホテルへ(90Kドン)

ホテルからグラブカーでホーチミンの空港へ(Grab Car)

ホーチミンの空港からホテルまでグラブカー(Grab Car)を使う【ホテルから空港】
帰路も、なんの迷いも無く Grab Car を選択しました。ホテル前でアプリを立ち上げて呼びます。ホテルのスタッフは承知したもので、「Grabか?」と聞いてくるので、「Yes!」と答えて、ホテル前のテーブル席で待ってました。少し表示された時間をオーバーしましたが、あっさりマッチング。

若い運転手は流暢な英語で何時のフライトか直ぐに聞いて来たのですが、ホーチミンの空港のプライオリティパスラウンジでゆっくりしたかったので、3時間前のチェックアウトでした。若い運転手はちょっと拍子抜けた感じでした。

◆ホテルから空港へ(152Kドン)

※ホテルから空港へは、料金が表示されていませんが、受信したメールで確認しました。改めて確認すると、随分と料金が違ってましたね。ただ、ホテルから利用した場合は通行料金として10Kドン加算されていたので、空港への乗り入れ代かも知れません。

Grab Car なら料金の交渉も無く、また行き先も指示済みなので殆ど会話もせずに目的地に到着できます。英語でのコミニュケーションが難しいベトナムでは便利です。

ホーチミンの一般タクシーはタクシー会社を選ぶこと

フィリピンのマニラのタクシー同様に、メーターを利用せず金額を提示する運転手がいたり、ボッタクリ価格を言ってきたりと、ホーチミンのタクシーも面倒らしいです。

色々調べると、以下の2社のカンパニータクシーが推奨されていました。空港で利用する場合は、2階の出発階から乗れば良いとのこと。

タクシーに乗るなら「VINASUN(ビナサン)」か「MAI LINH(マイリン)」というタクシー会社のいずれかに乗ることをおすすめします。他にもタクシー会社はいくつかありますが、ぼったくり等のトラブルの話もよく聞きます。この2社は市内でも大手のタクシー会社で、走っている台数も多い上にトラブルも少ないです。VINASUNは白い車体にグリーンと赤のライン、MAI LINHは緑の車体が特徴です。まずはタクシー会社を選んで乗ること。これだけでタクシーでの大きなトラブルは避けられると思います。 By We♡Expedhia より

Grab アプリの使い方などは、他のブログなどを参考にしてください。この投稿は、ホーチミンで空港~ホテル間の移動はGrab Carを推奨します。って趣向の投稿です。

コメント