スポンサーリンク
アンヘレスのネタ

クラークループバスに乗ってアンヘレスのSMクラークからクラーク国際空港へ行ってみた(ログ付き)【復路】

アンヘレスのSMクラークからクラーク国際空港まで、クラークループバス(LOOP1)を利用しました。平日と土日では便数が大幅に異なります。クラーク国際空港までの最新の時刻表も掲載しています。
アンヘレスのネタ

クラークループバスに乗ってアンヘレスのクラーク国際空港からSMクラークへ行ってみた(ログ付き)【往路】

アンヘレスのSMクラークからクラーク国際空港までの便利なバスの運行が開始されました。バスの名前は、クラークループバスと言います。ループ1とループ2の運行があって、結構な頻度で巡回するバスです。クラーク国際空港へは成田や関空から直行便があるので便利に利用できそうです。
アンヘレスのネタ

(The Clark Loop)【クラーク空港からアンヘレスへの行き方】クラークフリーポートゾーンを巡回する2つのループバスの運行が始まった!

クラーク国際空港とSMクラークを巡回する2つのループバスの運行が始まりました。クラークフリーポートゾーンのエリア内を巡回することからCFZ LOOP BASと呼ぶようです。CFZ LOOP 1 と、CFZ LOOP 2 があります。運行時間についても言及しています。
スポンサーリンク
アンヘレスのホテル

ウォークアバウトからウォークアラウンドになったアンヘレス・フィールズのチョイ安ホテル(オーナーチェンジ)

アンヘレスのホテルの紹介です。バイキンバー系列のホテルになったようで、ウォークアバウトホテルからウォークアラウンドホテルに名称も変更になっています。フィールズ沿いの安めのホテルを探している旅行者には良いホテルです。
マニラ⇔アンヘレス

【アンヘレス行き】マニラ国際空港ターミナル3のP2Pバスの乗り場が変更になっています(BAY14→BAY11)

アンヘレス行きP2Pのバス乗り場が移動 マニラ国際空港(ターミナル3)出発の僕たちのアンヘレス行きのP2Pバス...
アンヘレスのネタ

久しぶりの渡比日記 – 独りでアンヘレスで過ごした短い日々

アンヘレスの旅行記です。移動、バー遊び、ホテル、レストラン等の情報を簡単にまとめています。詳細は、それぞれのリンクがあるので、アンヘレス旅行の参考になると思います。ちなみに、このブログの中の人は15年ほどアンヘレス巡業しています。
プライオリティパス・ラウンジ

クラーク国際空港のプライオリティパスラウンジ【VIP LOUNGE】が早朝利用可できたので飲食してみた

フィリピンのアンヘレス、クラーク国際空港のプライオリティパスラウンジ(VIP ラウンジ)の利用記録です。プライオリティパスラウンジの場所や、料理、ドリンクなどについてレポートしています。まるまる1室が喫煙室になっているラウンジも今どき珍しい。
アンヘレスのホテル

シュアステイ プラス ホテル バイ ベスト ウェスタン(アンヘレスのホテル)は値段の割に快適すぎておススメしたいホテル

アンヘレスのシュアステイ プラス ホテルの宿泊レビューです。5千円程度でこの設備なら十分だと思います。2019年1月にグランドオープンした新しいホテルで、しばらくはおススメのホテルになるでしょう。トイレは人感センサーで点灯・消灯が自動でした。
マニラ⇔アンヘレス

アンヘレスの往復はP2Pバスの一択で良い!マニラ国際空港からアンヘレスへ行く方法【初心者からベテランまで】

P2Pバスでアンヘレスに行くのは非常に簡単ですが、『初めての方はやはり疑問はあると思います。』ですので、ここでは、マニラ国際空港からアンヘレスに行く手段として一番良く利用されているP2Pバスについて、初心者向けに詳しくまとめています。
フィリピン観光

コロンのブルーウェーブホテル – AGODAの評価が良かったしホテルの写真もキレーだったので選択したがフツーでした【レストランはGoood】

ブスアンガ島(コロンタウン)にある、ブルーウェイブホテルの宿泊レビューです。ホテル予約サイトの評判も良好でしたが、ホテルの設備などは普通でした。このホテルで良かったのは、レストランです。3階の海を見渡せる場所に位置しているオープン席で、朝風が心地よかったです。朝食もGood.
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました